あの白いネコと、また暮らしてみませんか…?【レビュー:トロとパズル ~どこでもいっしょ~】

 人間になりたい白い猫「トロ」が「あなた」と訪れたのは、とある寂れた温泉郷。
 観光大使になってしまった二人は、温泉街「天つ空(あまつそら)町」の復興を始めますが……。

 そんな20周年を迎えた「どこでもいっしょ」シリーズの新作が、iOS/Androidで登場しています。
 『トロとパズル ~どこでもいっしょ~』です。

 『どこでもいっしょ』は1999年に初代プレステで発売された、言葉を覚えさせて擬似的な会話を行えるソフトで、俗に言う「人工無能(無脳)」。
 プレステ用の小型機器「PocketStation」に対応しており、外出先でもコミュニケーションを取ることができました。

 実験的なソフトでしたが、「ポケピ」と呼ばれるキャラクターたちが可愛らしく、後に様々な派生作が登場。
 朝のテレビ番組『めざましテレビ』でトロたちが登場するショートコーナーが長年放送されていたこともあり、キャラクターの知名度は高いです。

 今作はその『どこでもいっしょ』シリーズのスマホ版。
 コマを3つ並べて消す「マッチ3ゲーム」のパズルを行いながら、トロたちに言葉を教えてユニークな会話を楽しみつつ、温泉地でのメインストーリーを進めていきます。
 PocketStationからPSPを経てスマホに変わったことは、時代の流れを感じずにはいられません。
 フリック入力が可能なので、言葉を教えやすくなったことも地味に良くなった点です。

 アプリ本体は無料。課金やスタミナ、任意の広告はありますが、ガチャはありません。
 また、無理に課金が必要なゲームではありません。

 パズルゲームの内容は……

 『キャンディークラッシュ』です。

 以上。
 ご静聴ありがとうございました。

 一応、ご存じない方のために説明しますと…… 任意のコマを上下左右に1マスだけ動かして、同じコマを3つ以上、縦か横に並べて消していきます。
 動かしても消せないコマは動かせません。
 コマは下が空くと落下し、消えた分だけ上から補充されます。

 『ズーキーパー』にも似ていますが、時間制ではなく、「動かせる回数」が0になると失敗です。その前に条件を達成できればステージクリア。
 クリア条件はステージごとに異なり、特定のコマを一定数消す、特殊なコマを最下部まで落とすなど様々。
 コマの移動を妨げる木箱や柵、なかなか消せない縛られたコマなど、しかけも数多く登場します。

 単に消すだけではクリアは困難ですが、4つ以上のコマを一度に消すと一列をまとめて消せるロケット花火や、クリア条件のコマを優先して狙うミサイルなどが出現し、クリアの助けとなります。
 さらに、これらのお助けコマを使うことでゲージが上昇し、最大になると同じ絵のコマを全部消せるレインボースターが現れます。

 システムや登場するしかけ、お助けコマなどは、ほとんど『キャンディークラッシュ』シリーズと変わりません。
 よってゲーム部分にオリジナリティは皆無。
 しかしそのおかげで、経験者なら迷わずに遊ぶことができるでしょう。

 難易度もキャンディークラッシュと同じぐらいで、最初は簡単ですが、ステージ30を超えた辺りから難しくなり、50ぐらいになると運が良くないとクリアできない難関ステージが出てきます。
 ただ、運に左右されるゲームであるため、どうしようもないケースがある反面、あっさり高難度ステージを突破できることも。
 テクニックや思考だけで勝負しない点は、万人向けのカジュアルゲームとしては長所でもあるでしょうか。
 ともあれ、ある程度進んでからは「すぐにクリアできるのが当たり前」の難易度ではなくなってくることは言っておきます。

 スタミナ制ですが、ミスしなかった場合はライフは減りません。ここもキャンディーと同様。
 手軽に楽しめる一方で、思わずやり込んでしまうゲームです。

箱と壁が邪魔をする、草むらの中に隠れたパネルを探し出すステージ。
下の方から消した方が偶然の連鎖が発生しやすいですが、まずは障害物を何とかする方が先決。
4つ以上の同時消しをするには、すでに2つのコマが並んでいなければならないので、それを目安に探しましょう。
一応、アクティブ連鎖(コマが消えている最中に他のコマを動かすこと)が可能です。連鎖数を増やすメリットがないので、ほとんど意味はないですが。
爆弾のコマを爆発させ、複数のお助けコマを一度に発動させているシーン。
お助けコマをまとめて起爆させると「コンボ」となり、ゲージ増加量がアップします。
特定のコマを一定数消すことがクリア条件のひとつになっているステージが多く、ゲージを最大にしてレインボースターを出し、それを使って条件のコマをまとめて消さないと、クリアに達しないことが多いです。
お助けコマはできるだけ溜めてコンボを狙いましょう。

 パズルをクリアすると「星」を得られ、これを消費してストーリーを進めることができます。
 ほのぼのしていて、ちょっとノスタルジックな、「どこでもいっしょ」らしい物語。

 今回の舞台である「天つ空温泉郷」は結構広く、たくさんの施設が並んでいます。
 その多くは廃屋になっていますが、ストーリーの進行によりどんどん復興していきます。
 蘇った町並みは綺麗かつ賑やかで、ユニークなストーリーと相まって、どんどん先に進めたくなります。
 単にステージをクリアしていくだけだった『キャンディークラッシュ』よりも、プレイの意欲が湧きますね。

 前述したように「どこでもいっしょ」は元々、疑似コミュニケーションソフトであり、今作でもトロたちには自由に「言葉」を教えられます。
 町や旅館でくつろぐトロたちは様々なセリフを喋り、パズルのクリア後にも短い会話が行われ、教えた言葉が使われます。

 ヘンな言葉を教えると(と言うかマジメな言葉しか教えていなくても)妙なセリフが連発されますが…… それはそれで人工無能の面白さでしょう。

足湯やお土産屋さんが見える、天つ空町の一角。夜景も綺麗で、自由にズームやスクロールが可能。
人間のオトナになって、たくさんの幸せが欲しいトロは、けっこう深いことも喋ります。
「子ネコのままの方が、きっと幸せだよ……」と思う私は、残念な大人。
ストーリーシーンでの会話。ここでも教えた言葉が使われます。用法が色々アレですが。
言葉は何を表すものなのか、大ざっぱに教えられます。フレンド登録した他のユーザーから教わることも。
中央にいる水色の猫は、旅館の若おかみ的な「ソラ」。今作が初登場のポケピです。のじゃキャラ。
田舎で見かける定番のものと言えば…… そう、帽子をかぶった白いワンピースのお姉さん。
もちろん、ご多分に漏れず重要キャラ。
どうやらこの町は、ただの温泉郷ではないようで……?

 最初は「キャンディークラッシュのクローンをトロのIPで売ろうとしたアプリ」だと思っていたのですが、しばらくやってみると、逆に温泉地に来たトロたちの様子を描く方がメインという印象に変わってきました。
 それに加えるゲーム要素として、万人向けで、カジュアルで、多くの人が知っている、キャンディークラッシュ型のマッチ3ゲームを選んだ、ということの気がします。

 ゲーム自体の演出などはキャンディーの最新作『キャンディークラッシュフレンズ』の方が上ですが、ストーリー、世界観、コミュニケーション、そして何よりキャラクターで、こちらの方が日本人には魅力がありますね。

 またトロと暮らしたい人、トロとお話したい人は、お手元のスマホに招いてみては如何でしょうか?

トロとパズル ~どこでもいっしょ~

「トロ」と一緒に温泉町を復興させるマッチ3ゲーム

(画像はトロとパズル~どこでもいっしょ~ – AppStoreより)

・パズル(マッチ3ゲーム)、人工無能
・開発:ビサイド(日本)
・公開:フォワードワークス(日本)
・アプリ本体無料、スタミナ・課金あり

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

ついに始まった定額ゲーム遊び放題サービス『Apple Arcade』から「アクション」と「ロールプレイング」のゲーム23作品をリストアップ。注目作品を紹介

いよいよスタートした『Apple Arcade』。月額600円で数々の魅力的なゲームを遊び放題という、iOS機器用のゲームサブスクリプションサービス(定額制ゲームサービス)だ。もちろん、これらのゲームに広告や課金はない。当然ガチャもスタミナもない。

 

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧