シナリオモードが追加された『ダンジョンメーカー』がセール開始。iPhoneの人気アプリ『大富豪しよっ!』も復活した『花札しよっ!』と共に割引【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。

 アプリ名のリンクは電ファミ内かiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

人気のダンジョンビルドゲーム『ダンジョンメーカー』にシナリオモードが追加されセール開始。

10周年を迎えるロングセラー『大富豪しよっ!』が復活した『花札しよっ!』と共に初セール実施。

初心者向けの秀作ローグライク『ブレイブフロンティア ローグストーリー』がセール中。

ゲーム感覚でフリック入力を練習できる『にゃんこフリック道場』の有料版が無料配布を開始。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『ダンジョンメーカー』
iOS 610円 → 250円、Android 450円 → 190円
3/14~3/22

 簡易的なダンジョンを作り、冒険者の行く手を阻むモンスターを配置、戦闘時には自らも戦うダンジョンビルド・ローグライク。
 レベルアップやスキル継承、ゲーム後の追加要素の獲得など、豊富な強化と育成の要素を持ち、延々と続けてしまうハマり度の高い作品。
 アップデートも意欲的に行われており、新たに「シナリオモード」が追加された。DMM版もある。


『大富豪しよっ!』

iOS 370円 → 250円
3/14~4/30

 スマホの黎明期からある人気の大富豪アプリ。
 とてもテンポ良く遊ぶことができ、男性向けの「ガールズモード」、女性向けの「アニマルモード」、一般向けの「シンプルモード」を備え、47項目にもおよぶ全国各地のローカルルールを網羅している。
 アップデートでiOS13に対応、新キャラも追加購入できるようになった。
 配信開始から10年目にして、今回が初のセール。


『花札しよっ!』

iOS 370円 → 250円
3/14~4/30

 『大富豪しよっ!』の姉妹アプリで、花札「こいこい」をプレイする。
 こちらも非常にテンポが良く、「ガールズモード」「アニマルモード」「シンプルモード」の3つの表示モードで遊べ、演出なども優れている。
 長らくプレイできなくなっていたが、昨年末にまさかの8年ぶりのアップデートが行われ、最新のiOSと画面サイズに対応した。


『ブレイブフロンティア ローグストーリー』
iOS 490円 → 250円、Android 490円 → 250円
3/14 追加

 『風来のシレン』『トルネコの大冒険』のような「不思議のダンジョン」型の王道ローグライクRPG。
 人気ローグライク『魔女の迷宮』を踏襲した作品で、初心者向けに作られているため、このタイプのゲームが初めての方にも勧められる。
 インターフェイスに優れ、合成はないが、モンスターの特技を使えるアイテムが存在する。今回が初セール。


『Solitairica』

iOS 490円 → 120円、Android版は本体無料+課金
3/14 追加

 ソリティア+ローグライク。トランプのソリティア(クロンダイク)にローグライクの面白さとRPGの成長要素が加えられている。
 思考性が高く、どのスキルを習得し、どう工夫して使うかがゲームの鍵になる。
 手軽さとゲーム性が両立された作品。


『This War of Mine: Stories』
iOS 370円 → 120円、Android 310円
3/14 追加

 戦時下における民間人のサバイバルを描いた作品『This War of Mine』の派生作。
 病気の娘を守ろうとする父の姿が描かれる。
 本編より難易度が低く、チュートリアルを兼ねたような内容であるため、同作未経験の方はこちらからプレイするのがお勧め。


『This War of Mine』
iOS 1840円 → 250円、Android 1600円 → 220円
3/14 追加

 戦渦に巻き込まれた民間人となり、飢えと寒さ、激化する戦闘と崩壊した治安という絶望的な状況の中で、仲間とともに生き残る方法を模索するサバイバル生活シミュレーションの本編。
 数々の表彰を受けた作品で、新機種対応のアップデートも継続して実施されている。ややセール多め。


『Prune』

iOS 490円、Android 430円 → 110円
3/11 追加

 スルスルと伸びていく木の枝を剪定し、光の当たる場所まで導いていく、盆栽シミュレーターをパズルに応用したアプリ。
 海外のゲームだが、「和」と「禅」の雰囲気をつよく感じる作品で、2015年にはApp Storeの”Best iPad Game”に選ばれた
 また、米タイム誌も同年、最も優れた作品を表彰する「Game of the Year 2015」に本作を選んでいる。

セール継続中のアプリ

『にゃんこフリック道場』
iOS 360円 → 無料
3/2~3/31

 ゲーム感覚でスマホのフリック入力を練習できる実用アプリ。
 ガイドあり、ガイドなし、実用単語の各コースを段階的に練習することができ、昇段試験モードで段位獲得とハイスコアを目指せる。
 「コロナに負けるニャ! 自粛でヒマを持て余してるアナタ、この機会にフリック入力をマスターしよう」とのことで、3月末まで有料版を無料配布する。


『Beat Cop』
iOS 610円 → 250円、Android 本体無料(フル版 430円)
2/25~3/4 終了、3/16 再追加

 ニューヨークのストリートで元刑事の警官が路上の車に駐車違反のキップを張りまくる、不良警官のパトロールシミュレーター。
 小役人的な業務をこなすゲームだが、日々起こる事件への対応、反社会的組織との交渉、降格させられる原因となった殺人事件の捜査など、さまざまな活動も一緒に実行する。
 離婚した妻が養育費の取り立てに来るため、ときには賄賂などを受け取って、金を稼がなければならない。


『Agent A – 偽装のパズル』
iOS 730円 → 250円、Android 120円 → 99円
3/5 追加

 スパイが主人公の海外製脱出ゲーム。クオリティの高いビジュアルを持ち、そこいらの脱出ゲームとはひと味違う。
 アップデートによってApple Pencilを使ったメモなど、最新機能を活用したシステムも追加された。
 昨年の夏に最終章となる第5章が追加され、物語は一旦完結。同時にNintendo Switch版も公開されている。


『三国志漢末霸業』

iOS 1220円 → 860円、Android 1200円 → 840円
3/16 再追加

 中国で作られた本格戦略シミュレーションの三国志。
 コーエーテクモの『三國志』シリーズのいいとこ取りをしているようなシステムで、日本では知られていない正史の武将も登場、データも驚くほど詳細で、「さすが本場」といえる内容。
 アップデートも意欲的に行われており、「黄巾の乱」のシナリオが追加された。セール多め。


『Lifeline…』 『Lifeline 2』 『Lifeline:サイレントナイト』
『Lifeline:ホワイトアウト』 『Lifeline:クライシス・ライン』
『Lifeline:フラットライン』 『Lifeline:無限の途中』
無限の途中以外 : iOS 250円 → 120円、Android 240円 → 120円
無限の途中 : iOS 370円 → 120円、Android 360円 → 120円
2/25 追加

 チャット形式で進行するテキストアドベンチャー。相手の質問に対し、二択で返答する。
 メッセージを送信後、相手が何かの行動を起こすときは、それが終わるまで待つ必要があり、しばらくするとSNSのように着信が来て話が再開する。
 新しい時代のテキストアドベンチャーとして2016年に話題になった。
 『Lifeline』、『Lifeline:サイレントナイト』、『Lifeline:無限の途中』は、同じ主人公による続編的ストーリー。
 『Lifeline 2』はハリーポッターのような世界観、『Lifeline:ホワイトアウト』は雪中遭難、『Lifeline:クライシス・ライン』は刑事もの、『Lifeline:フラットライン』はホラーと、少しづつストーリーは異なる。
 テキストチャットのゲームなので、見た目の点ではどれも大差ない。
 昨年末のセールはiOS版のみだったが、今回のセールではAndroid版も対象となっている。

[ Lifeline… ]

[ Lifeline 2 ]

[ Lifeline:サイレントナイト ]

[ Lifeline:ホワイトアウト ]

[ Lifeline:クライシス・ライン ]

[ Lifeline:フラットライン ]

[ Lifeline:無限の途中 ]


『Pixel Cup Soccer 16』

iOS 370円 → 120円、Android 220円
2/25 追加

 優れた操作性を持ち、カジュアルに楽しめる南米発のファミコン風サッカーゲーム。
 海外で人気のアプリだが、データは4年前のリオオリンピックのもの。
 東京オリンピックに備えた値下げ?


『PAC-MAN CE DX』
iOS 610円 → 370円、Android 650円 → 330円
2/25 追加

 正式名は『パックマン チャンピオンシップ エディション DX』。
 タイムアタック制になった新世代のパックマンで、眠っているモンスターをわざと起こして大量に引き連れ、パワーエサからの逆襲で一網打尽にしてハイスコアを狙う。
 ステージクリアはなく、エサをひと通り食べるとフルーツが登場するが、新たなエサが現れる。
 なお、オリジナルのパックマン(PAC-MAN)は、現在は無料アプリになっている。

最近セールが終了したアプリ

『Dandara』
iOS 730円 → 250円、Android 660円 → 260円
3/5~3/14 終了

 想像によって創造された奇妙な世界が舞台のメトロイドヴァニア(横視点のダンジョン探索アクション)
 ワイヤーを使って壁や天井に張り付きながら移動していくゲームで、スピーディーな動きと演出に優れた、ハイセンスな作品。
 Steam(PC)やPS4、XBox One、Nintendo Switchなどでも発売されており、高い評価を受けた。
 新エリアやボス、新エンディングが追加される無料の大型アップデート「Trials of Fear」が公開されている。


『Kingdom: New Lands』
iOS 1220円 → 610円、Android 1160円 → 480円
3/5~3/14 終了

 ドットグラフィックながら自然の情景と水面に映る景色が美しい、簡易的な王国建設シミュレーション。
 敵の侵攻を阻むディフェンスゲームでもあり、難易度はなかなか高いが、SteamやNintendo Switchでも公開されている人気の作品。
 説明がとぼしくわかりにくいゲームだが、レビューにはプレイガイドを掲載中。


『Bad North』
iOS 610円 → 490円、Android 560円 → 360円
3/5~3/14 終了

 ランダム生成される小島をバイキングの略奪から守る「ローグライクRTS」
 2018年にSteamやNintendo Switch、PS4などで公開されていたゲームのスマホ移植版。
 1ステージは短時間で決着するが、高所からの弓矢攻撃、槍隊での防衛、歩兵での急襲など、RTSらしい戦略性を持つ。
 今回はAndroid版でもセールを実施している。


『Final Fantasy III』
iPhone 1840円 → 860円、iPad 2080円 → 980円、Android 1840円 → 860円
2/28~3/8 終了

 初めて「ジョブシステム」が登場した、RPGとしての評価が高いシリーズ3作目。
 フルリメイクされたニンテンドーDS版を高解像度化して移植しており、グラフィックは3Dになっている。
 Steam版の配信が開始され、それに合わせてスマホ版もアップデートされた。
 オープニングとギャラリーが追加され、BGMの音質が強化、オートバトルとクラウドセーブも付加されている。
 iOS版はiPhone用とiPad用が別アプリなので注意。
 Steam版の半額セールは終了したが、スマホ版のセールは3/8まで。

『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧