戦火の中で娘の命を懸命に守ろうとした父の物語。戦時下の民間人を描いた『This War of Mine』のストーリー編、第一章【レビュー:This War of Mine: Stories】

 この戦争の物語が描くのは、兵士でも将軍でもありません。
 戦災の中を生きる「民間人」の苦難と葛藤、悲劇を描いた、戦時下のサバイバルゲーム『This War of Mine』
 数々の表彰を受けたこの作品に、人々の「物語」に焦点を当てた派生作が登場しました。
 『This War of Mine: Stories』です。

 モチーフとなっているのは1992年から1995年まで続いた、ユーゴスラビアの「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」。
 民族と宗教の対立が深刻化していたこの国で、独立問題が起こり内戦に発展。
 首都のサラエボを守る政府軍が市民ごと包囲され、多くの人々が戦火の中での生活を余儀なくされました。

 1990年代が舞台のため、戦争に巻き込まれた民間人を描いているといっても、『この世界の片隅に』『火垂るの墓』のような昔の物語ではありません。
 だからこそ、現代の都市で起こった戦争と、そこで繰り広げられたサバイバルには現実感があり、ミサイルが飛来してJアラートがけたたましく鳴り響く今の日本にとっては、起こり得る未来とも言えるでしょう。

 オリジナルの『This War of Mine』は戦時下をいかに生き延びるかのゲームであり、さまざまな登場人物とイベントが用意されていましたが、固有のストーリーはありませんでした。
 今作は逆に物語が中心で、サバイバルに加え、ストーリーに沿った探索と行動が必要です。

 今回のストーリー「Father’s Promise(父親の約束)」はオリジナルより難易度は低く、行動するのはひとりのみ、目標が常に提示され、冬の訪れの前に完結することができ、生存自体はそれほど難しくありません。
 自由度が高い反面、わかりにくかった原作のチュートリアルを兼ねているような印象もあります。

 価格はiOS版240円、Android版220円。
 Steam版はダウンロードコンテンツになっていて、205円ですがオリジナルが必要です。
 Storiesは全3エピソードが予定されていますが、このレビューはあくまでひとつ目のエピソードのものなのでご了承ください。

 主人公は病に臥せった幼い娘「アメリア」を看病する父親「アダム」
 妻を亡くし、家も砲撃で廃墟と化し、食料も尽きて絶望的な状況。
 まずは逃げ込んだ建物の中を探索し、瓦礫の中から使える材料や木材を集めなければなりません。

 最初から簡易的な作業台と、アメリアを寝かせるベッドはありますが、他はすべて自給自足です。
 調理のためのコンロ、道具を作る工作台、雨水のろ過装置など、生き残るのに必要なものを自作しなければなりません。

 そして問題なのは食料。こればかりは定期的に必要になります。
 なくなったら外に探しに向かわなければなりませんが、しかしここは戦時下の都市。
 他民族の浄化をうたう包囲軍に狙撃されれば、命はありません。

 夜になれば狙撃の心配なく探索に向かえますが、アメリアをひとり残していくことはできません。
 当分は探索に出かけることはできないでしょう。

生産画面。資源には限りがあるため、何でも作ることはできません。
ラジオはすでにあるので不要、暖房も当分不要、水は調理に使うものなので、ろ過器よりコンロが先です。
作業場を改修しないと作れないものもあります。
夜の探索先選択画面。しかし当分は「警戒」を選択し、留まることしかできません。
探索可能になると、行ける場所がストーリーの進展に合わせて増えていきます。

 幸いにも逃げ込んだ建物には無線が残されていて、これで助けを呼んだり、情報を集めることができます。
 娘の病気について伝えれば、誰かが薬を持って来てくれるかもしれません。
 無論、対価は必要です。紙幣が役に立たないこの状況では、物々交換に頼ることになります。

 アダムには兄がいて、娘を連れ出したいと訴えてきます。
 国連が用意する脱出ルートは、子どもを連れた者を優先するからです。
 しかしアダムは、アメリアを危険に晒せないと、これを拒否します。

 相応にストーリーが進めば、他の場所の探索を行えるようになるでしょう。
 探索地には誰もいない廃墟や、被災者が集まっている場所、そして兵士がうろつく危険な場所があります。
 敵兵に見つかれば、もちろん銃撃されて窮地に陥ります。
 主人公はあくまで一般人、戦士ではありません。

 装備さえあれば戦うこともできないわけではなく、隠れて奇襲するステルスアタックも可能ではありますが……それは目的ではありません。
 主人公が目指すものは、娘とともに生き延びること。
 ただし、常に安全に行動できるとは思わないほうが良いでしょう。

アダムは兄とは不仲。娘を利用して逃げようとする兄の要求を突っぱねますが……。
なお、建物は3Dで表現されており、片目をつむってスクロールさせれば立体感を得ることができます。
物陰に隠れ、兵士の巡回をかわすアダム。赤い円は物音を示しています。
走ったりすると音で気付かれるので、潜入するときはゆっくりと。
今作の主人公は決意に満ちており、必要とあれば罪悪感なしで襲撃などを行えます。
ただ、基本的には騒動は起こさないようにしましょう。山賊プレイがしたいなら別ですが。

 iOS/Android版の難点は、字が小さいこと。特にタブレットの場合。
 普段のメッセージは拡大すれば困るほどではありませんが、人物ラベルに記載される「空腹」や「疲れ」の状態表示は、iPadだとそのままでは読めないほど小さい。
 スクリーンショットを取って、写真アプリで拡大しないと確認できないレベルです。
 ラジオのメッセージもかなり小さめ。

 スマホ版だと状態はアイコンで示されており、ラジオのメッセージも大きめに表示されるので、皮肉にも画面の小さなスマホの方が認識しやすくなっています。

 何度か確認すれば、iPadでも何が書いてあるのか理解できるようになってきますが……。

上はタブレット(iPad)、下はスマホでのステータス表示。
これはかなり拡大していますが、タブレットだと「空腹」や「疲れている」の表記がすごく小さくて見辛いです……。
ひどく疲れている時はベッドでしばらく横になるか、夜にどこにも行かず、寝床で就寝しましょう。
空腹は食料をそのまま食べるより、調理して食べた方が回復しますが、コンロと水と燃料が必要です。

 ストーリーは短めで、スムーズに進めば2時間ほどでラストまで到達できます。
 もうちょっとボリュームが欲しかったのは否めませんが、最初のストーリーなのでやや簡単で、短めにしたのかもしれません。

 ストーリーを進めずに終戦を迎えるエンディングもあるようで、それを目指す場合は冬の寒さ対策や、長期的なサバイバルのための施設が必要になりますが、それをするならオリジナルを遊んだほうが良いでしょうね。

 しかしかなり安価なので、オリジナルをすでにプレイしている方には新展開として、未プレイの方にはショートバージョン兼チュートリアルとして、体験して欲しい作品です。

This War of Mine: Stories – Father’s Promise

戦時下で娘とともに生きようとする、ある父の物語

(画像はThis War of Mine: Stories – AppStoreより)

・シミュレーション(サバイバル系)
・11 bit studios(ポーランド)
・iOS版240円、Android版220円、Steam版(DLC)205円

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

「ナチスの子を育てるゲーム」はなぜ生まれたのか? 『My Child Lebensborn』開発者インタビュー

『My Child Lebensborn』は、欧州各地に実際にナチスドイツが設置した「レーベンスボルン」と呼ばれる福祉施設で生まれた孤児を、プレイヤーが養子として引き取り、育てるゲーム。学校に行けば誰かに殴られ、外に出ればご近所さんに暴言を吐かれ、心身ともに弱っていく我が子の姿を、養父であるプレイヤーとしてはただ励ますことしかできない日々。そんな「ナチスの子を育てるゲーム」は、いったいなぜ生まれたのか? 開発元であるノルウェーのSAREPTA STUDIOのCEOにしてリードデザイナーのCatharina Bøhlerさんにインタビューを行った。

関連記事:

【SLG編・第1回】コーエー『信長の野望』は歴史の特異点なのか? まず人類がゲームで戦争をシミュレーションしてきた歴史を省みよう【ゲーム語りの基礎教養】

第二次世界大戦中のワルシャワでナチスと戦うレジスタンスの姿を描く『WARSAW』発表。『Darkest Dungeon』に影響を受けたポーランド製のRPG

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧