いま読まれている記事

謎に包まれた『メタファー:リファンタジオ』を世界初実機プレイしてきたら、なにもかもカッコよすぎて絶頂しちゃう

article-thumbnail-240608m

1

2

『メタファー:リファンタジオ』、めちゃくちゃ楽しみなんですけど……正直どんなゲームか全然わかんないんですよね。

『ぺルソナ5』とかを手がけたチームの主要メンバーがファンタジーRPGを作りました。超オシャレなUIと、なんだかいい感じのキャラクターが出てきました。おっ、こいつは面白そうだね! うん、「ここまで」しかわからない。

そう、『メタファー』の実態が全くわからない。

これはどういうゲームなんだ?
「ファンタジー」と一口に言うけど、どういうファンタジーなんだ?
思いっきりペルソナみたいなのが出てるけど、これはペルソナではないのか?

何が何で何をするゲームなんだ!?
5W1Hの半分くらいが明かされていないゲームではないか!?

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_001

正直、『メタファー』は謎まみれのゲームだと思う。

実際、高校の頃『ペルソナ5』にドハマりしていた周りの友人に「今年メタファーってゲーム出るんだよ。やってくれよな」と話しても、「メタファー……?」と首を傾げられる。謎まみれだから仕方ない。

ええっ、こんなに謎まみれで本当に今年出るんですか!? ……とか思っていたら、『メタファー』の最速プレイのお誘いが来た。やったぁ! ありがとうアトラス!! ということで、謎に包まれた『メタファー』の模様をお届けします。

『メタファー』が気になってる方も、そもそも「メタファーって何?」状態の方も、この記事を読むと……ちょっとわかるかも! ちなみに今回の記事に合わせて、実機のプレイ動画も上がっています。こんな記事読むよりプレイ動画を見た方が手っ取り早いかもしれません。とにかく、どっちもよろしく!

文/ジスマロック
編集/実存


コマンドとアクションが融合したRPG……?

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_002

もうね、UIフェチとしてはこの画面のカッコよさだけで絶頂しそうなんですけれども。

今回触ったのはいわゆる「試遊版」で、主に3モード遊ぶことができました。最初にプレイしたのは、「主人公が覚醒に至るまでの最序盤」です。あぁほら……アレだよ、カモシダパレスだよ。

「ガリカ」という妖精を引き連れた主人公は、なんやかんやあって砦に向かうことになる。その途中で「ストロール」という貴族の青年に出会う。葦毛から生えた角。端正な顔立ち。そしてCV小野賢章。どうやら彼、「最初の仲間」らしい。自分やっぱりこの「最初に仲間になる男」が一番好きなんですよ!!

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_003
彼が「ストロール」。

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_004

それでは早速バトルに突入……と言いたいところだけど、実はこのゲーム、「バトルに突入する前」が超重要となっている。『メタファー』は、シンボルエンカウントのコマンド戦闘RPG。フィールドをウロウロしている敵と接敵することで、バトル画面に移行。

ここまでは『ペルソナ5』などと大体同じ。
しかし、今作には「その前」が存在する。

なんと、「コマンドバトルに突入する前に敵を攻撃できる」のである。敵が近付いてきたら、さながらアクションゲームのようにボコボコと敵を攻撃する。最終的に「ブレイクゲージ」を削りきったら、敵の体力が削れた状態&先制ターンを獲得した状態でコマンドバトルが開始する。

要は、「アクションバトルのあとに、コマンドバトルを始められる」形になっている。

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_005

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_006

ただ、ここでアクションゲーマーのみなさんは思うかもしれない。

「じゃあ、無双ゲーみたいに殴ったらずっと有利ってこと?そんなのイージーすぎない?」と。いや、そんなことはない。この「アクションバトル」の段階、気を抜くとアッサリ「こっちが敵に負ける」ことがある。そうなると、こちら側が信じられないくらい不利な状態でコマンドバトルが始まる。

そしてここで、コマンドRPG好きの方は思うかもしれない!

「だったら、アクション下手だとずっと不利ってこと?そんなのハードすぎる!」と。いやいや、そんなこともない。このアクション段階は、無視することもできる接敵した段階でコマンドバトル突入ボタンを押せば、有利も不利もないトントン状態でバトルを開始できるのだ。

情報を整理しよう。

要するに、『メタファー』はバトル前にふたつの選択肢がある。
1、「リスクとリターンを背負いながら、アクションを仕掛ける」
2、「リスクもリターンも背負いたくないので、アクションを無視する」

まず、この二択の時点で「駆け引き」がある。そしてアクションを仕掛けた場合、「アクションに勝てるかどうか」の駆け引きが発生する。『メタファー』のバトルは、戦い始める前から「駆け引き」が二重に発生する! まさしく、「アクションとコマンドが融合したRPG」なのだ!!

RPGって、もっと「楽をしたい」ですよね?

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_007

RPGを遊んでいると、とある「悪魔」に襲われることがある。

もっと、楽をしたい。

なぜ美味しくもない雑魚をいちいち倒さなければいけないのか?
もはや大した駆け引きもない「作業」とエンカウントする必要はどこにある?
どうでもいいバトルなんて3秒で終わってほしい。
そんなことより早くストーリーが読みたい!

『メタファー』は、そんな傲慢な要望にも応えてくれる。

さっきの「コマンドバトルに突入する前のアクション」。なんと、自分より格下の相手なら即死させることができる。つまり、いちいち戦う必要もない。その上で経験値も入ってくる。この「自分より格下の相手」はスキャンすることで判別できる。格下の相手を見つけたら、バッタバッタとアクションで倒すだけ。もう終わり。

『メタファー』には「そこまでやっちゃっていいんだ」と思うくらい、思い切ったシステムがいくつか用意されている。

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_008

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_009

で、ようやくコマンドバトルに突入。

バトルひとつでこんなに書いてたらいつ終わるんだ?
いや……個人的にバトル前の段階の衝撃がすごかったんだ……。

そしてやっぱりバトルUIでも絶頂しそうになる。カッコよすぎ。

ちなみにシステムとしては結構オーソドックス(アトラス比)なプレスターンバトルなのですが……ここでカギになってくるのが、主人公たちの身体から発現する「アーキタイプ」というもの。最初のモードでは、この「アーキタイプが出てくるところまで」を見ることができました。

なんか主人公の心臓から……アーキタイプが出てくる!
どういうこと!?

『メタファー:リファンタジオ』世界最速実機プレイ。なにもかもカッコよすぎる画面で絶頂しちゃう_010
なんかすごいことになってる覚醒シーンもお楽しみに。

1

2

ライター
転生したらスポンジだった件
Twitter:@yomooog
デスク
電ファミニコゲーマーのデスク。主に企画記事を担当。 ローグライクやシミュレーションなど中毒性のあるゲーム、世界観の濃いゲームが好き。特に『風来のシレン2』と『Civlization IV』には1000時間超を費やしました。最も影響を受けたゲームは『夜明けの口笛吹き』。
Twitter:@ex1stent1a

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月17日14時~2024年6月17日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧