『ストII』の西谷亮氏が手がける『Fighting Ex Layer』のPC版発表。4K解像度に対応

 アリカは今年6月にPlayStation 4で発売され、EVO 2018ではサイドトーナメントの種目にもなった格闘ゲーム『Fighting Ex Layer』のPC版を発表した。ティーザートレイラーも公開され、記述を見る限り発売日は2018年から2019年、4K対応でSteamでの販売になるようだ。

 『Fighting Ex Layer』は『ストリートファイターII』を生んだ西谷亮氏が手がけた『ストリートファイターEX』『ファイティングレイヤー』といったEXシリーズの流れを汲んでいる。もちろん本作の制作にも西谷亮氏が参加している。
 『ストリートファイターEX』の流れを汲んでいるが、本作にはSNKとのコラボで登場する予定のテリー・ボガード以外はアリカオリジナルキャラクターのみが登場となる。

 本作では初登場となる「強氣(ごうぎ)システム」が搭載され、大きな特徴となっている。強氣とは、戦闘中に特定の条件を満たすことで発動できる追加能力を指し、5つの能力を組み合わせた15種類の強氣デッキからひとつ選んでファイターのシステムを決定する。
 強氣にはガードキャンセルやコンボから一度だけ抜けることができるイリュージョンといったいくつかのデッキに組み込まれている汎用的なものや、そのデッキ特有の特徴的なものもある。
 

(画像はPlayStation.comより)

 PC版独自の要素として4K解像度への対応が発表されたが、発売日や他の要素については今後の発表を待ちたい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

誰もが知っている『テトリス』を、誰も知らない「体験」に──ゲームの“体験性”を一歩先に進めた『テトリス・エフェクト』【水口哲也インタビュー】

水口哲也のハチャメチャ人生が『Rez』で人類を進化(?)させるまで。「制約が創造を生む」なんて、もう言い訳しない【ゲームの企画書:水口哲也氏】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ