『ニーア オートマタ』のGame of the “YoRHa” Editionが正式発表。全コンテンツ収録で来年2月に発売へ

【UPDATE 2018/12/11 12:30】 スクウェア・エニックスより詳細情報が公開された。『ニーア オートマタ Game of the YoRHa Edition』はPlay Station4向けに2019年2月21日発売となる。価格は4800円(税別)。

Game of the “YoRHa” Edition

 『ニーア オートマタ Game of the YoRHa Edition』には、『ニーア オートマタ』ゲーム本編、3種類のコスチュームと3種類の闘技場バトルが追加されるDLC「3C3C1D119440927」、そしてポッドスキン、ダイナミックテーマ、アバターテーマといった特典が収録されている。収録内容は以下のようになる。

■『ニーア オートマタ Game of the YoRHa Edition』収録内容
・本編:『ニーア オートマタ』
・DLC:「3C3C1D119440927」
・特典:「アクセサリー:機械生命体ヘッド」
   「ポッドモデル:白の書」
   「ポッドスキン:配送用ダンボール」
   「ポッドスキン:レトロ・レッド」
   「ポッドスキン:レトロ・グレー」
   「ポッドスキン:遊戯機械」(ダウンロード版のみ)
   「PlayStation 4 ダイナミックテーマ」
   「アバターセット」

 なお、『ニーア オートマタ Game of the YoRHa Edition』が販売されるにあたり通常版の販売が終了となる。PlayStation 4版は2019年2月20日にDL販売が終了。Steamでも2019年2月27日以降、同様のセット商品が販売予定となっているため、通常版は2019年2月26日にDL販売が終了予定だ。

 Xbox One版となる『ニーア オートマタ ビカム アズ ゴッズ エディション』は、2019年2月21日以降、価格が4800円(税別)に変更される予定となっている。

【原文 2018/12/11 11:16】 『ニーア』シリーズの公式Twitterアカウントにて、『ニーア オートマタ Game of the YoRHa Edition』のロゴが公開された。

 現段階ではロゴしか発表されておらず同作の内容は不明だが、おそらく2017年2月に発売されたアクションRPG『ニーア オートマタ』のGame of the Year Editionにあたる作品だと思われる。

 作中では「ヨルハ部隊」と呼ばれるアンドロイドたちが地球奪還のために機械生命体と戦う物語が展開されるため、それをもじったものになっているのだろう。公式Twitterアカウントでは、ひとまず続編ではないことが強調されている。

 なお『ニーア オートマタ』では2017年5月、3種類のキャラクターコスチュームと3種類の闘技場コンテンツを本編に追加するDLC「3C3C1D119440927」が、1500円にて発売されていた。

(画像はNieR公式PRアカウント(@NieR_JPN) | Twitterより)

 『ニーア オートマタ』は国内外で高い評価を獲得しており、2018年12月5日には世界累計出荷・ダウンロード販売本数が350万本を突破、PlayStation 4版の日本&アジア地域累計出荷・ダウンロード販売本数は100 万本を達成している。

 詳細は数時間後に公開される予定である。電ファミニコゲーマーでも追って情報を追記する。

文/渡邉卓也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ