18年の時を経て『バロック▲シンドローム』がiOSとAndroidに移植決定。終焉に進みゆがんでいく世界を退廃的に描いたビジュアルノベル

 スティングは2000年に発売されたPlayStation用ヴィジュアルノベル『BAROQUE▲SYNDROM』(バロック▲シンドローム)をiOSとAndroidへ移植することを発表した。新機能を追加して2019年1月の中旬に発売予定。価格は現在発表されていない。

 『BAROQUE▲SYNDROM』は1998年にセガサターン、1999年にPlayStationで発売された3DアクションRPG『BAROQUE』の前日譚だ。同作では「大熱波」と呼ばれる災害により人を含めすべてのものがゆがんでしまった世界を描いており、今作はその大熱波が起きる以前を記した清水マリコ氏のスピンアウト小説「BAROQUISM▲SYNDROME」を元にしている。

(画像は『BAROQUE▲SYNDROM』公式サイトより)

 『BAROQUE▲SYNDROM』は同名小説と同じく、大熱波で世界が大きくゆがむ前、徐々に終末へと向けて世界がゆがみ始めている現代風の世界が舞台となる。そのゆがみは「バロック」と呼ばれる極端な妄想に取り憑かれた人々の自殺、常軌を逸した「バロック型」と呼ばれる猟奇殺人事件、そして『BAROQUE』にも敵として登場した「異形」と呼ばれる人ならざる存在の出現として現れ始めていた。

 プレイヤーはそんなバロックに取り憑かれた人々に、彼らが望む妄想を与えることで癒やす新しい商売を行う「バロック屋」の金沢キツネだ。非常に危険だという理由から隔離されたゼロ地区、そこで起きた通称「グログロ事件」唯一の生存者である渡辺ルビと出会うことから物語は始まる。

(画像はYoutube バロック▲シンドローム プロローグ~オープニングムービーよりキャプチャ)

 『BAROQUE』はその後PlayStation 2やWiiにもシステムやグラフィックが変更されて移植され、iOSでも販売されている。今回の『BAROQUE▲SYNDROM』は以前フィーチャーフォン向けに移植されていたが、現代のシステムでプレイするにはゲームアーカイブスでソフトを購入するのがもっとも確実な方法だった。今回のスマートフォンへの移植で、さらに手軽にゲームを楽しめるようになるだろう。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

美術史の1ページに『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を加えよう。「ウツシエ」に似た遊びが18世紀に存在した!? ゲーム画面からあふれでるロマン主義の“崇高”

ゲームファンが今遊びたい過去の名作とは?“現行ハードへの移植希望タイトル”アンケート集計結果をエムツーと分析してみた

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧