プリレンダされた神々が戦う格ゲー『神凰拳』PS4、Xbox One、Nintendo Switchに配信決定。Nintendo Switch版は1月3日から

 ハムスターは、同社が運営する 「アケアカNEOGEO」シリーズにおいて、PS4、Nintendo Switch、Xbox One向けに『神凰拳』を移植した『アケアカNEOGEO 神凰拳』を発売することを発表した。配信日はNintendo Switch版が2019年1月3日、PS4、Xbox One版が2019年1月10日に配信開始となる。価格はそれぞれ税込みで、Nintendo Switch版とPS4版が823円、Xbox Oneが840円。

 『神凰拳』は1996年にSNKから発売された対戦格闘ゲーム。 神話に登場する神々や、モンスターをモチーフにしたキャラクター達を操作し、「天界統一権争奪戦」を勝ち抜くことが目標だ。

 ゲームの特徴的なのがプリレンダリングされたキャラクターを操作すること。プリレンダリングとは、ポリゴンモデルの描画処理を事前に行い、画像データに変換しておくことで、リアルタイム処理では表現できない複雑な3D表現を実現すること。ただしこの場合は、『ファイナルファンタジーVII』の背景のように美麗だが静止画になってしまう。

 『神凰拳』ではこのプリレンダーの画像データを複数枚表示してアニメーションとして表示させることによって、プリレンダーでありながら、動的なCGを表現している。このような手法をキャラクターに取っているゲームは少し珍しいが、『スーパードンキーコング』が同様の手法を取っていることがもっとも有名だろう。

 ある意味、『Fight of Gods』、『ゴッド・オブ・ウォー』、そして『Fate/stay night』の先駆けともいえる本作。スサノオ、孫悟空、ベヒモス、ルシファーと古今東西の神話のキャラクターたちが戦い競い合う。格キャラクターが繰り出せる必殺技にも注目だ。現代のひとつのトレンドともいえる神々の戦いが1996年にはどのように表現されていたのか。改めて本作を再評価するためにも今回の移植は朗報といえるだろう。

(c)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.

文/福山幸司

著者
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧