左スティックを使わずに『スーパーマリオ オデッセイ』はクリア可能か? 様々な角度から研究が続く『マリオデ』で新たな挑戦が始まる

 Nintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』は、2017年10月に発売されてから今日までさまざまな研究が行われている。ゲームのメカニズムやバグを利用して限界まで速くクリアする方法、ゲームをクリアするために必要なキャッピーを投げる最小の回数、コインやジャンプ無しでゲームはクリア可能か。
 ゲームで利用できる要素からなにかひとつを取り除いた時、ゲームプレイはまったく違うものへと変貌を遂げる。

 そんな『スーパーマリオ オデッセイ』を、さらに別の角度から研究する人物が現れた。YouTuberのCeave Gaming氏は、「歩かずにゲームをクリアできるか」を調査する動画をアップロードした。正確には、ゲームクリアに必要な最小の左スティック入力は何回か、という調査だ。

 ルールは単純で、左スティックを使うこと以外のすべてが許容されている。たとえばふたりプレイでキャッピーを操作することは問題ない。あくまで、プレイヤー1の左スティックを使わないことに限定される。

 左スティックを使わずにプレイするため、動画では通常のプレイでは気が付かないような、さまざまなトリックが考え出されている。

(画像はYoutube What is the Minimum Amount of Joystick Inputs Needed to Beat Super Mario Odyssey?より)

 左スティックを使えないが、移動はローリングや飛び込みなどが使えるため大きな問題はない。しかし、方向転換は別の方法を探さなければならない。

 動画ではまず、一人称視点を使った方向転換の方法が紹介されている。右スティックで方向を変えることができるそれは、左スティックを使わないゲームプレイを強力にサポートする。

(画像はYoutube What is the Minimum Amount of Joystick Inputs Needed to Beat Super Mario Odyssey?より)

 とはいえ、一部カメラ固定の場面など、すべての箇所では一人称視点モードは使えない。そういった箇所ではマリオに悲劇が訪れる。何度も壁に頭をぶつけることで少しずつ方向転換するのだ。

 ほかにも、キャプチャー可能な敵や各王国に住む人々を利用したりと、クリエイティブな方法で左スティックを使うことを回避していく。

(画像はYoutube What is the Minimum Amount of Joystick Inputs Needed to Beat Super Mario Odyssey?よりキャプチャ)

 はたして、ゲームをクリアするのに必要な左スティックの入力回数は何回なのか、結果は動画で確認してほしい。英語字幕が収録されているが、自動翻訳で日本語にしてもゲーム画面を見ながら十分に内容は理解できる。

 今回公開された動画は、『スーパーマリオ オデッセイ』の最初の7つの国を左スティック無しでクリアしようと試行錯誤する姿が収録されている。後半の国での挑戦は、次回の動画で公開される予定だ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

マリオ役の声優マーティネー氏、『スマブラSP』でマリオの出演100作目に。ギネス世界記録に認定される

かつて宮本茂から課せられた宿題。『スーパーマリオ64』で彼自身が出した完璧な答え──そのすばらしさに打ちひしがれたときに見えた『巨人のドシン』のアウトライン【飯田和敏連載】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧