リメイク版『バイオ2』体験版が300万ダウンロードを達成。配信からわずか約10日間で

 カプコンは、『BIOHAZARD RE:2』の体験版となる「1-Shot Demo」300万ダウンロードを達成したと発表した。また、あわせて発売前スペシャル公開生放送の情報も公開している。

 『BIOHAZARD RE:2』は、1998年にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム『バイオハザード2』のリメイク版となるタイトル。2019年1月11日から、1度きりしか遊べず30分という制限時間のついた「1-Shot Demo」を配信しており、その特殊な仕様から話題を呼んだ。時間制限があるせいかリアルタイムアタックも流行し、3分以下でクリアする人も現れたほどである。

 今回は、この「1-Shot Demo」が全世界合計で300万DLを突破したことが明らかに。2019年1月31日13時までは各種グッズが抽選で当たるスペシャルSNSキャンペーンも開催されているため、これから挑戦するという人は目を通しておくといいだろう。

 また、『BIOHAZARD RE:2』が発表されたときのユーザーの反応を記録した「タイトルコール ユーザーズボイス」という動画も公開された。当時の興奮を追体験できるかのような内容になっている。

 2019年1月22日19時からは「『バイオハザードRE:2』発売直前!スペシャル公開生放送」がYouTube Liveで実施される。本作のディレクターである門井一憲氏と安保康弘氏、プロデューサーである平林良章氏と神田剛氏も登場し、実況プレイや開発陣によるトークセッションが実施。さらにゲストとして、モデルの最上もが氏も出演予定となっている。

【番組名】
『バイオハザードRE:2』発売直前!スペシャル公開生放送

 

【放送日時】
2019年1月22日(火)19:00~20:30予定

 

【番組内容】
・新情報続々公開!『バイオハザードRE:2』実況プレイ
・ココでしか聞けない裏話!?開発陣トークセッション
・ゲストトークセッション

 

【出演】
・門井一憲(『バイオハザードRE:2』ディレクター)
・安保康弘(『バイオハザードRE:2』ディレクター)
・平林良章(『バイオハザードRE:2』プロデューサー)
・神田剛(『バイオハザードRE:2』プロデューサー)
・最上もがさん

 

【番組の詳細はこちらの公式サイトから】
http://www.capcom.co.jp/game/content/biohazard/info/event/5005

 

【動画の視聴はこちらのサイトから】
https://www.youtube.com/watch?v=VMD1-XRSdmQ&feature=youtu.be

 

※番組の放送日時・内容は予告なく変更になる場合がございます。

 『BIOHAZARD RE:2』はPlayStation 4、Xbox One、PC向けに2019年1月25日発売予定。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

クリア率30%以下のリメイク版『バイオ2』ワンショットデモでRTAが流行中。30分どころか3分以下でクリアへ

なぜ初代バイオハザードは怖くて、バイオ4は怖くないのか?:「なんでゲームは面白い?」ホラー特別回

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧