PC版『ダークソウル』を劇的に改善させたMod制作者が会社を設立、コンソールゲームのPC移植やコンサルティングに注力

 ファンの間でPC版『ダークソウル』の必需品とされたパフォーマンス改善Modを制作したことで知られ、これまで数々の国産ゲームをPCへ移植してきたDuranteことPeter Thoman氏が、新たなゲーム会社PH3 Gamesを共同設立したことを、フォーラムサイトにて明らかにした。家庭用ゲームのPC移植のほか、ゲームの最適化といった開発プロセスにおけるコンサルティング業務に従事する予定だという。

(画像は I co-founded a company that does PC ports (among other things) | Metacouncilより)

 Duranteのユーザー名で知られるThoman氏は、オーストリアを拠点に活動するコンピュータ科学の専門家。同氏が2012年に制作したPC版『ダークソウル』用のMod「DSfix」は、レンダリング解像度の調整をはじめ、被写界深度のクオリティ向上、SSAO(Screen-Space Ambient Occlusion)およびSMAA(Subpixel Morphological Antialiasing)の追加、インターフェイスのカスタマイズ、セーブデータの定期的バックアップ、表示言語の変更など、もともと不便な点が多かった同作のプレイ環境を大幅に改善するもの。当時からファンの間では、導入必須Modとして親しまれてきた。

 Modコミュニティで名を馳せた後は、日本ファルコム『英雄伝説 閃の軌跡』シリーズのPC移植や、Enhance Gamesの『Rez Infinite』におけるQAコンサルティングを手がけてきた。Thoman氏によると、開発チーム内で昨年9月から起業を計画しており、ようやくオーストリア国内での手続きが完了したのだという。新設されたばかりの公式サイトは業務内容のほか、これまでに手がけたプロジェクトや、提携先からのメッセージの掲載に留まっている。また、当面はこれまでどおりPC移植における品質向上に努め、早急なスタジオの拡大は予定していないとのこと。

(画像は『The Legend of Heroes: Trails of Cold Steel』公式サイトより)

 自社でオリジナルのIPを開発する可能性については、「アイデアは常にあがってくるが、今は一からゲームを作り上げることではなく、自分たちの専門技術と少数精鋭を武器に高品質の移植を手がけていきたい」と、コメントしている。

 なお、Thoman氏を含めた3人の共同設立者は全員が博士号の取得者であり、ゲームクリエイターとしてよりもコンピュータ科学の研究者としての印象が強い。今後、その専門性はSteamへのゲーム移植のみならず、ゲーム業界の多方面で発揮されることは間違いないだろう。

ライター/Ritsuko Kawai

関連記事:

電ファミ移植希望アンケートで堂々1位のシューティングゲーム『エスプレイド』が開発決定!@エムツー初の自社開催イベント「エムツーショットトリガーズ弩感謝祭」

『魔法大作戦』や『バトルガレッガ』…眠れる名作オールドゲームを現行ハードへ――“移植”の匠集団「エムツー」に聞いたゲーム保存事情【移植希望タイトル募集!】

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧