メガドライブ風Bluetoothコントローラー「M30」の予約がスタート。Nintendo Switchにも対応したメガドライバーにおすすめの一品

 ゲーム向けハードウェアの製作販売を行う8BitDoは、メガドライブ風コントローラー「M30」と、メガドライブ向けBluetoothワイヤレスコントローラー受信機「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」の予約を開始した。

 発売は2月28日。「M30」の価格は29.99ドル、「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」は19.99ドルとなる。Amazon.comでは日本への発送も行っている。

(画像はAmazon.com | 「M30」より)
(画像は8BitDo | 「M30」より)

 「M30」はBluetoothに対応した多くの機器に対応しており、PCやスマートフォンだけでなく、Nintendo Switchへの対応も謳われている。また、付属のUSB Type-Cケーブルで有線接続も可能だ。連射機能にも対応しており、単なるクローンコントローラーというだけでなく、現代的な機能も有している。スマートフォンを固定するための「Smartphone Clip for M30」もリリース予定だ。

 なお、本物のメガドライブコントローラーをワイヤレス接続で使いたい場合、8BitDoはメガドライブコントローラーをワイヤレスコントローラーに改造するキットもリリースしている。

(画像は8BitDo | 「M30」より)

 一方、メガドライブを無線接続できるようにするのが、Bluetoothレシーバー「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」だ。「M30」に対応している他、PlayStation3、PlayStation4、Xbox One、Nintendo Switch Proコントローラー、Wii U PROコントローラー、Wiiリモコン、Joy-Conなど数多くのコントローラーをメガドライブで利用することができる。

(画像は8BitDo | 「M30」より)
(画像は8BitDo | 「M30」より)

 PCだけでなくNintendo Switchにもメガドライブゲームは移植されており、海外ではメガドライブゲームのバンドルタイトルである『SEGA Mega Drive Classics』もリリースされている。日本でも『SEGA AGES』シリーズとして、『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『SEGA AGES サンダーフォースⅣ』など複数のメガドライブゲームが移植されている。

 ゲームが移植されてもコントローラーの再現はなかなか難しい。「M30」は、メガドライブのゲームはメガドライブのコントローラーでプレイしたいというこだわり派に、特に嬉しいアイテムになるだろう。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

有野課長も全面協力!? いまさらメガドライブの新作ソフト開発をめざす連載企画が始動! ゲームセンターCX放送作家がお届けする「いまさら新作メガドライブソフトプロデュース計画」第1回

プレイステーションとセガサターンも動作可能と謳うレトロゲーム互換機「Polymega」の予約販売がスタートへ。2019年4月に正式リリースを目指す

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ