メガドライブ風Bluetoothコントローラー「M30」の予約がスタート。Nintendo Switchにも対応したメガドライバーにおすすめの一品

 ゲーム向けハードウェアの製作販売を行う8BitDoは、メガドライブ風コントローラー「M30」と、メガドライブ向けBluetoothワイヤレスコントローラー受信機「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」の予約を開始した。

 発売は2月28日。「M30」の価格は29.99ドル、「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」は19.99ドルとなる。Amazon.comでは日本への発送も行っている。

(画像はAmazon.com | 「M30」より)
(画像は8BitDo | 「M30」より)

 「M30」はBluetoothに対応した多くの機器に対応しており、PCやスマートフォンだけでなく、Nintendo Switchへの対応も謳われている。また、付属のUSB Type-Cケーブルで有線接続も可能だ。連射機能にも対応しており、単なるクローンコントローラーというだけでなく、現代的な機能も有している。スマートフォンを固定するための「Smartphone Clip for M30」もリリース予定だ。

 なお、本物のメガドライブコントローラーをワイヤレス接続で使いたい場合、8BitDoはメガドライブコントローラーをワイヤレスコントローラーに改造するキットもリリースしている。

(画像は8BitDo | 「M30」より)

 一方、メガドライブを無線接続できるようにするのが、Bluetoothレシーバー「Retro Receiver for SEGA Genesis & Mega Drive」だ。「M30」に対応している他、PlayStation3、PlayStation4、Xbox One、Nintendo Switch Proコントローラー、Wii U PROコントローラー、Wiiリモコン、Joy-Conなど数多くのコントローラーをメガドライブで利用することができる。

(画像は8BitDo | 「M30」より)
(画像は8BitDo | 「M30」より)

 PCだけでなくNintendo Switchにもメガドライブゲームは移植されており、海外ではメガドライブゲームのバンドルタイトルである『SEGA Mega Drive Classics』もリリースされている。日本でも『SEGA AGES』シリーズとして、『SEGA AGES ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『SEGA AGES サンダーフォースⅣ』など複数のメガドライブゲームが移植されている。

 ゲームが移植されてもコントローラーの再現はなかなか難しい。「M30」は、メガドライブのゲームはメガドライブのコントローラーでプレイしたいというこだわり派に、特に嬉しいアイテムになるだろう。

ライター/古嶋誉幸

関連記事:

有野課長も全面協力!? いまさらメガドライブの新作ソフト開発をめざす連載企画が始動! ゲームセンターCX放送作家がお届けする「いまさら新作メガドライブソフトプロデュース計画」第1回

プレイステーションとセガサターンも動作可能と謳うレトロゲーム互換機「Polymega」の予約販売がスタートへ。2019年4月に正式リリースを目指す

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧