初代 『GUILTY GEAR』&『GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R』の2in1パッケージがスイッチで5月16日発売。限定版にはマルチポーチ&設定資料が付属

 アークシステムワークスは、Nintendo Switch向けタイトル『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』2019年5月16日に発売すると発表した。

(画像はアークシステムワークス公式ツイッター(@ARCSY_Event)さん | Twitterより)

 『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』は、アークシステムワークスの2D対戦格闘ゲームの20周年を記念して発売されるタイトルで、初代『GUILTY GEAR』と、 『GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R』の2作品が収録される。

(画像は初代「GUILTY GEAR(ギルティギア)」PS4/Switch/Steamにて配信決定! | ARC SYSTEM WORKS OFFICIAL WEB SITEより)

 初代『GUILTY GEAR』は1998年にPlayStationで発売されたタイトル。ソル=バッドガイをはじめとする13人のキャラクターが登場し、いわゆる一撃必殺の殺界システムなどが大きな特徴となっていた。

(画像はGALLERY|ギルティギア アクセントコア プラスアールより)

 そして『GUILTY GEAR XX ACCENT CORE PLUS R』は、2012年9月にアーケードで稼働開始したタイトル。2006年稼働の『GUILTY GEAR XX ΛCORE』をベースにバランスを調整、連続技を簡単に出せる「ガトリングコンビネーション」や、行動を強制的にキャンセルできる「ロマンキャンセル」などが特徴となっていた。2002年から続いたXX(イグゼクス)シリーズはこのタイトルが最終作となっている。

 この2タイトルを収録した『GUILTY GEAR 20th ANNIVERSARY PACK』はパッケージ専売で展開(個別単品のDL販売は実施されるが、個別の単品パッケージ販売および合同DL販売は行われない)。3200円(税別)の通常版のほか、12800円(税別)のLIMITED EDITIONが展開される。

 LIMITED EDITIONには2つの特典が付属。『GUILTY GEAR』シリーズのイラストなどを手がける石渡太輔氏が監修した「GUILTY GEAR仕様 特製マルチポーチ」、そして開発資料・設定資料・ボツ案などが収録された「GUILTY GEARシリーズ 秘蔵設定資料集」となっている。

 公式ショップ「阿々久商店」では、LIMITED EDITIONに加え「3Dクリスタル “聖騎士団ソル”」も付属した限定セットも展開。こちらは500セットのみ販売され、価格は17280円(税別)となっている。また、通常版・LIMITED EDITIONともに早期購入特典として「20周年ロゴステッカー」が付属する。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

格ゲー“暗黒の10年”は、『鉄拳』を世界一売れる格闘ゲームへと鍛え上げた──世界市場に活路を拓いた戦略を訊く【バンダイナムコ原田勝弘インタビュー/西田宗千佳連載】

格闘ゲーム『北斗の拳』バグ研究者に聞く。バスケから都市伝説の解明まで、13年を経てここまで進化

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧