『サムライスピリッツ』シリーズ完全新作は2019年夏にリリースへ。EVO 2019のメイン種目にも選ばれる

 ラスベガスで毎年開催されている格闘ゲームの祭典「Evolution Championship Series」(以下、EVO)。現地時間8月2日から4日まで行われる「EVO 2019」のメイン種目が発表され、『サムライスピリッツ』新作が採用されることが明らかとなった。 

 また合わせて、同作のリリースが2019年夏の初旬に決定したことも発表されている。

(画像はEVO公式Twitterアカウントより)

 『大乱闘スマッシュブラザーズDX』『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』が近年のメインイベントの定番だった『スマブラ』シリーズだが、今大会では『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』一本に統合された。また、2012年にリリースされた『UNDER NIGHT IN-BIRTH』も選出されている。

 また、『Street Fighter V: Arcade Edition』『鉄拳7』といったEVO定番のタイトルが並ぶなか、『サムライスピリッツ』の新作と『Mortal Kombat 11』という現在未発売のタイトルが2本もエントリーしている。

 『サムライスピリッツ』の新作は昨年ソニーが行った「PlayStation LineUp Tour」で発表されて大きな話題となった。10年ぶりの新作であり、『THE KING OF FIGHTERS XIV』同様グラフィックはUnreal Engine 4による3Dスタイルだが、ゲームシステムとしては2D格闘ゲームとなっている。種目の発表を前にSNKは新しいトレイラーを公開。ゲームの発売時期を2019年初夏と発表した。

 一方で『Mortal Kombat 11』は発売日が4月23日とすでに発表されている。前作『Mortal Kombat X』から4年ぶりの新作であり、EVOの種目としてシリーズ作品が選ばれたのはEVO 2016から3年ぶりとなっている。新キャラクターのKronika(クロニカ)やGeras(ゲラス)のほか、バラカやスカーレットなど前作では参戦が見送られたキャラクターも復活する。システムは原点回帰を目指した2011年発売の『Mortal Kombat』以降の作品や、同じくNetherRealm Studiosの『Injustice 2』のものを踏襲、発展させている。 

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

東大卒プロゲーマー“ときど”が語る、プロゲーマーのプライド、“本当の勝ち負けは試合の勝敗じゃなくてお互いの納得”

格ゲー“暗黒の10年”は、『鉄拳』を世界一売れる格闘ゲームへと鍛え上げた──世界市場に活路を拓いた戦略を訊く【バンダイナムコ原田勝弘インタビュー/西田宗千佳連載】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧