『ドラゴンクエストX』の無料体験版が大幅拡張、「眠れる勇者と導きの盟友」のバージョン2.3終盤までプレイ可能に

 スクウェア・エニックスは『ドラゴンクエストX』のバージョン4.5[前期]のアップデートにて、『ドラゴンクエストX』の体験版が大幅に拡張し、バージョン2.3終盤まで遊ぶことができるようになると発表した。 

 これはニコニコ生放送「超ドラゴンクエストX TV #9 バージョン4.5最新情報」で明らかになった情報で、PS4、Windows版のみが対象。職業レベルの上限が50から80へと上昇するほか、まもの使いとどうぐ使いに転職が可能になるなど、内容が変更されている。バージョン4.5[前期]のアップデートは3月20日に公開予定だ。

(画像はニコニコ生放送(く) | 超ドラゴンクエストX TV #9 バージョン4.5最新情報より)

 これまで『ドラゴンクエストX』の体験版はバージョン1『目覚めし五つの種族』のストーリー終盤まで遊ぶことができたが、今回のアップデートによってバージョン2.3終盤まで遊べることになり、当初、製品版として発売されていた『目覚めし五つの種族』が丸ごと遊べるようになった。

 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』における物語では、主人公は兄弟姉妹(任意にプレイヤーが選択できる)と共に、大陸中央にあるエテーネの村で平和に暮らしていたという設定。だが、エテーネの民が代々引き継ぐ「時渡りの術」を危惧した冥王ネルゲルたちの襲撃によって、村は壊滅。主人公も死んでしまうが、時同じくしてどこかで覚醒した勇者の光によって救われ、主人公は別の種族となって生き返り、ストーリーの幕が開く。

 一方で、その続編バージョン2『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友』では、バージョン1で触れるだけに留められていた覚醒した勇者とついにプレイヤーは出会うことになる。その正体は、グランゼドーラ王国の気高き王女アンルシア。だがその勇者アンルシアは、プレイヤーが過去に出会ったメルサンディの村人ミシュアとそっくりだった……という謎めいたストーリーが展開される。

 今回のアップデートは、シナリオの評価が高く、『ドラゴンクエスト』シリーズらしい勇者というテーマを色濃く出した『眠れる勇者と導きの盟友』が遊べてしまうのが嬉しいところ。なお『ドラゴンクエストX』は新規プレイヤーでも早いテンポで遊べるようにアップデートされているため、ボス戦では大量の経験値が獲得できる。このためメインストーリーだけに注力すると、ほとんどレベル上げの作業なく、また他のプレイヤーとパーティを組まずとも、テンポ良く最後までプレイできるだろう。

 またバージョン4『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』は、バージョン4.5[前期]でついに最終章に突入。はるか昔に滅びたエテーネ王国の崩壊の真相と、時渡りの術を使い時空を超える壮大な冒険の物語が描かれる。番組では各地の移動が便利になる旅の扉の追加など、バージョン4.5[前期]のさまざまな施策が発表され、新たなプロモーション映像が公開された。

 『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』の物語がどのように完結を迎えるのか気になるところだ。『ドラゴンクエストX』を中断している人も、新しいプレイヤーもバージョン4.5[前期]は、『ドラゴンクエストX』を始めてみるいいタイミングといえるだろう。

ライター/福山幸司

関連記事:

思いっきり感情移入しながら『ドラクエV』をプレイしたら絶対にビアンカを選ぶ【PR】

『ドラクエ7』キーファをレベル99へ。600時間を費やした挑戦は、好きだった配信者の無念を受け継いで始まった

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧