サイバーパンクバーテンダーADV『VA-11 Hall-A(ヴァルハラ)』が、PS4とNintendo Switchで5月30日発売決定!サントラ、設定資料集が初回豪華特典が付属

 アクティブゲーミングメディアは、ベネズエラの開発スタジオSukeban Gamesが手掛けたサイバーパンクバーテンダーアドベンチャー『VA-11 HALL-A(ヴァルハラ)』を、プレイステーション4(以下、PS4)とNintendo Switchで発売すると発表した。

 発売日は5月30日、価格はそれぞれ税別で、パッケージ版が3480円、ダウンロード版が2000円となる。初回パッケージ版はオリジナルサウンドトラックや設定資料集など、豪華特典が付属する。

 「一日を変え、一生を変えるカクテルを!」

 未来都市グリッチシティの腐敗と喧騒に疲れた人たちが、今日もカクテルを求めてやってくる。プレイヤーはバーテンダーの女の子ジルとなって、コンクリートジャングルのひと時のオアシスであるバー「VA-11 HALL-A」で、客がオーダーするカクテルを提供するのがプロのバーテンダーとしての役目。

 FM音源風のソリッドな音楽と、PC-98風のグラフィックによって、一見古いアドベンチャーゲームにもみえるが、実はバーテンダーとして客の愚痴を聞き続けるという、まったく新しいヴィジュアルノベルとなっている。

 カクテル自体が選択肢の代わりになっており、客のリクエストや気分に合わせたカクテルを作っていくが、好みに合わないと客の機嫌を損ねてしまうかもしれない。その場合は、給料が減り、家賃や電気代の支払いができなくなってしまうかもしれない。

 訪れる客はヒューマノイドや、マッチョな殺し屋、リアルな下ネタを連発する少女までさまざま。しかし節々の会話から、舞台となるグリッチシティがどのような状況に置かれているのかみえてくるはずだ。そして軽妙でありながら、味わい深い人間模様は本作の最大の魅力。いずれはジル自身の運命までもカクテルによって、左右していくだろう。

 もともと日本では2017年にPS VitaとPCでリリースされたが、今回はPS4とNintendo Switchへの移植が決定した。注目すべきはパッケージ版だ。様々な意匠に凝らされて、初回版は豪華特典が付属している。

 まずはNintendo SwitchとPS4でカラーが異なるリバーシブルジャケット。表面はアート担当のクリストファーの描き下ろしであり、裏面は『おしえて!ギャル子ちゃん』で知られる漫画家鈴木健也先生が描きおろしている。しかも、Nintendo SwitchとPS4でそれぞれ別仕様となる。

 PS4版は、ゲーム中に出てくる「ワンダーランダーズ」をイメージしたキャラが、みんなバニー姿になっているイラスト。Nintendo Switch版は、「『VA-11 Hall-A』キャラクターたちがもし現代の秋葉原にいたら」をイメージしたイラストとなっている。

 次に初回限定特典として、Sukeban Games全面協力の設定資料集が付属する。中身は、SukebanGamesアーティストのクリストファー特別描き下ろしのアートやキャラクターのプロトタイプを含むイラスト集、ライティング担当のフェルナンドが考案した各キャラクターの設定詳細。ジルを含めた3キャラクターの設定は、今回用に特別に描き下ろしだ。

 Sukeban Gamesの「サイバーパンク観」と題したインタビュー、Sukeban Gamesのクリストファー、フェルナンド両名のサイン、東京ゲームショウ試遊者にのみ配布された、制作中の新作『N1RV Ann-A』イラストが含まれている。

 さらに、日本国内で初めて収録される楽曲を含めた、全16曲のオリジナルサウンドトラックも初回限定特典として用意されている。ジャケットは『まどろみバーメイド』作者、早川パオ先生による描き下ろしとなる。『VA-11 HALL-A』をプレイしていないときでも、これを聴きながらカクテルを飲むと、いつでもグリッチシティに戻ることができそうだ。

 多数の店舗別予約特典も用意されている。「ベストボスポスター」A4クリアファイルはGEOの予約特典、キャラクターのオリジナルコースターがそれぞれ店舗ごとに用意されている。「ジル」がAmazon、「ボス」がJoshin、「ステラ」が古本市場、「ドロシー」が楽天ブックスとなる。その他、ヨドバシカメラの「イカ柴コースター」、セブンネットショッピングでは「ポストカード」も予定。

 全て揃えてみたくなるようなグッズと魅力がぎっしり詰まっている今回の発表。ここはダウンロード版ではなく、パッケージ版しかないと思うのだが、いかがだろうか。

(C) SUKEBAN GAMES All Rights reserved. Published by Ysbryd Games, Active Gaming Media Inc

ライター/福山幸司

関連記事:

Nintendo Switchのインディーゲーム一挙公開。『VA-11 Hall-A』や『ムーンライター』、『カニノケンカ』の配信時期が公表

Sukeban Gamesが新作ビジュアルノベル『N1RV Ann-A』発表。『VA-11 HALL-A』と世界観を共有した新作の舞台は高級バー、新たな主人公は店を守りながら子供を育てる

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧