『スプラトゥーン2』バランス調整が行われる更新データVer.4.5.0が3月11日10時配信。エクスプロッシャーやスクリュースロッシャーが弱体化

 任天堂は、Nintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』更新データVer.4.5.0を2019年3月11日10時より配信すると発表した。

 今回の更新データVer.4.5.0ではバランスの調整・不具合の修正のみが行われ、ブキの追加は後日行われる予定となっている。バランス調整で最も目立つのはやはり、特に人気だったエクスプロッシャー系、H3リールガン系、そしてスクリュースロッシャー系が下方修正を受けたところだろう。

(画像はSplatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP)さん | Twitterより)

 エクスプロッシャー系はインク消費量が約30%増加したうえ、爆風ダメージの半径が約7%減少。スクリュースロッシャー系も同じくインク消費量が約20%増加、さらにうずまき部分の当たり判定が約6%縮小と扱いづらくなっている。
 H3リールガン系はギアパワー「メイン性能アップ」の効果が小さくなり、いわゆる疑似3確に到達するのに必要な基本ギアパワー量が3.9個分から4.2個分に増加した。これらブキはギアパワーの選択肢が減ったといえるだろう。

 ただし、同じように人気のプライムシューターベッチューはメインウェポンの性能には手が入れられておらず、スペシャル必要ポイントが180から200に増えた程度にとどまった。前述のH3リールガンDとエクスプロッシャーカスタム、そしてハイドラントカスタムもスペシャル必要ポイントが10増加している。

(画像はSplatoon(スプラトゥーン)(@SplatoonJP)さん | Twitterより)

 上方修正を受けたのは、メイン性能アップで爆風範囲が大きくなるようになったラピッドブラスター系とRブラスターエリート系、着弾点の塗りが少し伸びたヒッセン系、そして移動速度が全般的に速くなったスプラスピナー系など。
 また、全般的にパラシェルター系のカサに対して与えるダメージの調整が行われており、.52ガロン系や.96ガロン系はカサに強く、逆に14式竹筒銃系はカサイカスフィアを壊しにくくなった。

 サブウェポンやスペシャルウェポンも調整されている。ポイントセンサーはインク消費量が約45%に減少したものの、初速と飛距離が短くなった。タンサンボムは2回目・3回目の爆発半径が約6%縮小、アメフラシも効果半径が約6%縮小と、純粋に弱体化となった。

ライタ渡邉卓也

関連記事:

『スプラトゥーン2』更新データVer.4.4.0が1月30日10時に配信。バランス調整でクーゲルシュライバー・ヒューの天下が終わるか

『スプラトゥーン2』前作に登場した「ブキチセレクション」が追加決定。ボールドマーカー7やロングブラスターネクロなど10種類が登場

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧