課せられた業務は「生き残れ」。グロテスクなサバイバル新社会人アドベンチャー『Yuppie Psycho』が4月25日発売

 Baroque Decayは、アドベンチャーゲーム『Yuppie Psycho』を4月25日に発売することを発表した。配信先はSteamUtomikで、プレイステーション4Xbox OneNintendo Switchへの移植も今後予定されている。

 『Yuppie Psycho』のSteamストアページを確認すると日本語は未対応となっているが、Steamフォーラムではゲームの全文テキストがデベロッパーの手で公開されており、有志によるローカライズを募集していることがわかる。

 『Yuppie Psycho』の舞台は90年代風のディストピア。海外産のゲームではあるが、ディストピアの世界観は日本を強く意識したものとなっている。

 主人公はようやく仕事に就くことができた青年Brian Pasternack。「底辺」を自覚している彼にとって、ホワイトカラーのオフィスワークは願ってもない仕事だった。彼が入社したSintracorpでの業務はキーボードを叩き、コーヒーを飲む。そんなごく普通のものだと説明されていた。

(画像はSteam:Yuppie Psychoより)

 しかし、それは表の業務。ブライアンに課せられた本当の業務は、会社を成功に導いた「魔女」を探すことだ。ブライアンは会社で働くさまざまな人々を調査し、潜んでいる魔女を見つけ出して処分する。ストーリーはプレイヤーの選択次第でさまざまな結末へとたどり着く。5年間でどのように業務をこなし、同僚と付き合い、恐怖と戦うかが重要だ。

(画像はSteam:Yuppie Psychoより)
(画像はSteam:Yuppie Psychoより)

 ゲームでは通常世界での調査だけではなく、狂った世界で凶悪な魔女と対峙する場合もある。「ファーストジョブサバイバルホラー」と銘打たれている通り、非力な主人公は正面から魔女と戦うことは出来ない。走って逃げたり、物陰に隠れながら魔女を倒すための謎を解かなければならない。

 『Yuppie Psycho』はデヴィット・リンチ氏や塚本晋也氏が監督を務めた映画や、駕籠真太郎氏や伊藤潤二氏といった漫画家の作品から強い影響を受けている。ゲームデザインは『サイレントヒル』『レッドシーズプロファイル』『夜廻』といった作品に影響を受け、サバイバルホラー、グラフィックアドベンチャー、パズルゲームのようなジャンルを結合しているという。

 音楽は『VA-11 Hall-A』の音楽を手がけたMichael Kelly氏が担当。bandcampではオリジナルサウンドトラックの販売も始まっている。

(画像はSteam:Yuppie Psychoより)
(画像はSteam:Yuppie Psychoより)

 本作を開発するBaroque Decayは『Survival Horror Story: Catequesis』『The Count Lucanor』の開発で知られている。16ビット風のドットグラフィックとアニメ絵で構成されたホラーゲームを作り続けているデベロッパーだ。

 日本とよく似たディストピアで、恐怖と戦う新社会人の姿を描く『Yuppie Psycho』で、不安でいっぱいの新生活に飛び込んでみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ホラゲ大年表<β版>〜ホラーゲーム、書籍、映画、マンガなどさまざまなホラーコンテンツをまとめて俯瞰!

ホラゲにゲームデザインの常識は通用しない!? Jホラーゲームの第一人者『零』×『SIREN』開発者が語り合うホラーの摩訶不思議(柴田誠×外山圭一郎)【ゲームの企画書第八回】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ