『ナイト・イン・ザ・ウッズ』PS4とNintendo Switchで3月28日に発売決定。大学を中退したモラトリアム猫が刹那的に人生を過ごす、青春ネコ・アドベンチャー

 アクティブゲーミングメディアが運営するはPLAYISMは、アメリカのInfinite Fallが開発したアドベンチャーゲーム『ナイト・イン・ザ・ウッズ』の日本語版を3月28日に配信することを発表した。プラットフォームは、PS4、Nintendo Switch、PC。発売日は3月28日で、価格は税込み1980円。

 『ナイト・イン・ザ・ウッズ』は、2017年に発売sされたキャラクターと会話主体で進行する2Dアドベンチャーゲーム。さまざまな動物たちが住む田舎町ポッサム・スプリングが舞台で、主人公は大学を中退した実家に帰ってきた猫の女の子メイである。地元の友人とバンド練習をしたり、パーティーに参加したりと楽しく、刹那的に過ごしている。いわゆるモラトリアム人間ならぬ、モラトリアム猫だ。

 その中から、メイも友人もさまざまな問題を抱えてながら、動物たちとの交流を通じて、それぞれの問題と向き合うことに。ところがポッサム・スプリングで発生している失踪事件に巻き込まれ、さらなる大きな問題へと発展する。

 カートゥーン調のかわいらしいポップなグラフィックと、シュールな会話、時にシリアス過ぎるドラマが展開するのが評価され、Independent Games Festival 2018でグランプリを受賞するなど、海外ではすでに高く評価されている同作。人生と同じく、どのような選択肢を選んでもゲームオーバーはなく、ときには深刻な選択肢に決断を下さなければいけないことも。しかし人生と同じくやり直しはきかず、どのような選択を選んだとしても、会話内容は多岐に渡りゲームは続いていく。

 また、ストーリーの合間にはさまざまなミニゲームがある。メイのPCには8bit風2D アクションゲーム「デーモン・タワー」がインストールされているし、バンド練習でベーシストになったり、車を壊することができることも。メイたちの行動とミニゲームがシンクロしており、世界観、人生の一部がミニゲームを通じて表現されるわけだ。ゲーマーにとって、ゲームはれっきとした人生の一部ということのメタファーなのかもしれない。

 Nintendo Switch版は本日よりあらかじめダウンロードを開始。ユーモアやスラングなど世界観すらも表現したローカライズには期待が持てそうだ。

ライター/福山幸司

関連記事:

ファミコン風コマンド式アドベンチャーゲーム『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』Nintendo Switchで1月に配信決定

『Detroit: Become Human』は日本のアドベンチャーゲームの文法に興味がない──イシイジロウ氏が感じた葛藤と、自身の限界

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ