高橋名人が世界初のハイビジョン専用ゲーム『HI-TENボンバーマン』のディスクを入手。ゲーム保存協会へ保存

 「ハドソン全国キャラバン」というイベント用に製作された『HI-TENボンバーマン』のディスクを入手したことを、高橋名人がブログで報告した。ディスクはデータの読み込みができなかったが、ゲーム保存協会が持つ技術を使って修復、保存するという。

【更新 2019/3/27 15:45】 高橋名人はブログにて、このディスクが実際にはオーディオCDであったことを報告している。

 1985年から1997年まで13回にわたって全国を巡業したゲーム大会「ハドソン全国キャラバン」。大会のたびにハドソン製のゲームが製作されており、この『HI-TENボンバーマン』もその中のひとつで、1993年の大会で使用された。『ボンバーマン』シリーズ初の10人対戦が可能なゲームだ。

(画像は「Hi-Tenボンバーマン」のDiskより)

 このゲームは当時、初のハイビジョンゲームと謳われていた。高橋名人のブログによると、当時はコンピューターからハイビジョンに出力できるグラフィックボードがなく、手作りで制作したという。ハイビジョンへの出力はPCを使って行われていたため、正面からゲーム機を見ると、パソコンにPCエンジンが挿入される形で接続されていたとのこと。

 当時、NHKはお茶の間にハイビジョンを普及させるため、さまざま様々な施策をしていた。1990年にアスペクト比16:9が国際的に採用。1992年には大相撲初場所をハイビジョンで放送するなど、ハイビジョンを普及しようと真っ最中の最中である。『HI-TENボンバーマン』の制作の経緯は明らかにされてはいないが、このような時代背景もあり、NHKからの要請があり制作されているのかもしれない。

 当時のハドソン全国キャラバンの写真でもNHKエンタープライズが協力の名前に名を連ねていることが確認できる。本作は郵政省が主催した「ハイビジョン・アウォード’93」において選定委員長賞を受賞。NHKホールに保存されていたこともあったが、現在では廃棄されてしまっているという。

(画像は「Hi-Tenボンバーマン」のDiskより)
(画像は「Hi-Tenボンバーマン」のDiskより)

 今回、高橋名人が入手した『HI-TENボンバーマン』のCD-Rは、当時手作りで制作された世界でも数えるほどしかない貴重なもの。しかしPCでディスクを開くことはできなかったという。それを聞きつけたゲーム保存協会の理事長ルドン・ジョゼフ氏が、ディスクの修復とゲーム保存協会での保存を提案、高橋名人は了承した形だ。

 ルドン氏は、3月16日に刊行したばかりの『ゲーム学の新時代』で寄稿している。それによるとCD-ROMはディスク面を作るプラスチックと溶剤が化学反応を起こし、ある日突然、剥離して修復は不可能になるという。ゲーム保存協会は、データ資産を移行作業の設備は整っており、特殊素材を用いた補間容器を使うなど、ゲームを次世代に残すため、徹底した方策を行っている。

 今回、高橋名人がゲーム保存協会に送った『HI-TENボンバーマン』のCD-ROMも修復され、しっかりと次世代に残せるようになることを願ってやまない。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧