『ポプテピピック』スペシャル回に『FF15』がまさかの登場。レガリアにピピ美が「めり込んでる」と自虐ギャグ飛ばす

 2019年4月1日に放送されたTVアニメ『ポプテピピック TVスペシャル』にて、『ファイナルファンタジーXV』の映像が登場し、ゲーマーたちのあいだでも話題になっている。

(画像はポプテピピック TVスペシャル#13 朱雀ver. – ニコニコ動画より)

 TVアニメ『ポプテピピック』は、大川ぶくぶ氏の同名マンガ作品を映像化したタイトル。2018年1月から3月まで放映されており、新作となるスペシャル版が昨日放送された。

 本作はさまざまなゲーム、アニメなど幅広いサブカルチャーの分野からパロディを行うことが特徴で、ゲームであれば『スーパーマリオワールド』のような有名作から『デスクリムゾン』といったカルト作品のネタまで取り扱う。また、30分の枠をふたつのパートに分け、続けざまにほぼ同じ内容を再放送するというジョークでも知られ、Bパートは各話ごとに声優が異なるという仕組みまで用意されている。

 今回のTVスペシャルは、TOKYO MXやニコニコ動画といった放送する媒体によって出演する声優が変化するさらなる仕掛けが用意されており、放送後は大きな話題となった。パターン数としては4種類、それぞれに8人の声優が出演しているため、合計32人の声優が演じていることになる。

 内容も盛りだくさんで、エピソード13ではスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXV』がカメオ出演。各キャラクターたちがポプ子とピピ美の顔になるというふざけた状態になっているうえ、「ピピ美ちゃんめり込んでる」というギャグまで披露された。『ファイナルファンタジーXV』は発売当初にさまざまなバグがあり、車の挙動がおかしくキャラクターがめり込む様子などがSNS上で大きく話題になっており、それをもとにしたジョークだと考えられる。

 この件について『ファイナルファンタジーXV』の公式Twitterアカウントも触れており、エイプリルフールということでカメオ出演を果たしたことが明らかになっている。なお、実は『ファイナルファンタジーXV』が『ポプテピピック』でパロディされたのはこれが初めてではなく、以前に放映された9話「奇跡とダンスを」でも明らかにゲームを意識した車を押すシーンがあった。

 今回のTVスペシャルにおけるキャストは以下のようになっている。有名声優による「めり込んでる」が聞きたい方は、それぞれの動画配信プラットフォームをチェックしてみてほしい。

[キャスト]
<青龍ver.>
#13:田村ゆかり、堀江由衣、保志総一朗、石田彰
#14:國府田マリ子、井上喜久子、飛田展男、島田敏

<朱雀ver.>
#13:花澤香菜、戸松遥、山口勝平、緒方賢一
#14:加藤英美里、福原香織、関智一、秋元羊介

<白虎ver.>
#13:玉川砂記子、田中敦子、小野友樹、小野賢章
#14:竹内順子、佐久間レイ、関俊彦、遊佐浩二

<玄武ver.>
#13:花守ゆみり、東山奈央、櫻井孝宏、福山潤
#14:小桜エツコ、横山智佐、緑川光、子安武人

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『ポプテピピック』ゲームパート担当の現役大学生「いつか社会的に抹殺されちゃうかもしれません」──パロディにかける思いとネタの出所とは【山下諒インタビュー】

【完全3D再現】なぜそれをRPGにしたし。話題の『団地アート・オンライン』制作者が語る「多摩川住宅」愛

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧