実写映画『名探偵ピカチュウ』、日本語吹き替えでダンディ声のピカチュウを演じるのは西島秀俊さんと判明

 本日5月3日から公開中の実写映画『名探偵ピカチュウ』の日本語吹き替えキャストが発表され、名探偵ピカチュウ役は西島秀俊さんと判明した。

(画像は「名探偵ピカチュウ」(@meitantei_pika)さん | Twitterより)

 『名探偵ピカチュウ』はニンテンドー3DSから発売された同名アドベンチャーゲームが原作のハリウッド映画。原作ゲームは、主人公のティムが相棒の探偵ピカチュウと共にポケモンに関する難事件に挑むゲームだ。
 ピカチュウが人間の言葉を話し、しかも経験豊富な探偵というポジションだからか、ベテラン感を醸し出すダンディな声が特徴。

 今回公開された映画版『名探偵ピカチュウ』のピカチュウもダンディなおじさん声を踏襲しており、『デッドプール』ライアン・レイノルズさんが演じている。なおゲームではピカチュウの声は大川透さんが務めているが、映画版の日本語吹き替えでは、それとは異なる西島秀俊さんが演じることになった。

(画像は「名探偵ピカチュウ」(@meitantei_pika)さん | Twitterより)

 西島秀俊さんは、映画では硬派な演技、CMではコミカルな演技を見せる好感度ランキングでも常連の俳優だ。可愛らしいピカチュウと、おじさんを両立するピカチュウを西島秀俊さんならば幅広く魅力的に演じることができそうだ。すでに映画を観た人からは西島秀俊さんの演技を賞賛する声があがっている。

 既報の通り、主人公のティム役には『仮面ライダードライブ』で注目を集めた竹内涼真さん、ヒロインのルーシー役には映画『暗黒女子』、ドラマ『マジで航海してます。』で主演を果たした注目株の飯豊まりえさんが演じ、フレッシュな彩りを添える。

(画像は【公式】映画「名探偵ピカチュウ」オーディション特別映像 – YouTubeより)

 他にもハワード役に 中博史さん、ロジャー役に三木眞一郎さん、ローラン博士役に林原めぐみさん、ティムの祖母役に犬山イヌコさん、セバスチャン役に三宅健太さんがそれぞれ演じる。

 ピカチュウ以外のポケモンでは、ミュウツー役に山寺宏一さんと木下紗華さん、コダック役には愛河里花子さん、プリン役にはかないみかさん、メタモン役には金魚わかなさんが並んでいる。アニメ『ポケットモンスター』でおなじみの声優が大半を占める顔ぶれだ。

 またヨシダ警部補は英語版でも渡辺謙さんが演じているが、吹き替え版でも渡辺謙さん本人が日本語吹き替えを担当しているので、英語版と日本語版を見比べてみるのも面白そうだ。

 西島秀俊さんの日本語吹き替えが確認できる映像はYouTubeで公開されているので、まだ劇場に駆けつけていない人は、この映像からチェックしてみよう。

ライター/福山幸司

関連記事:

実写映画『名探偵ピカチュウ』5月3日に日本で先行公開へ。吹き替え声優は主人公ティムが竹内涼真、ヒロインが飯豊まりえに

実写映画版『名探偵ピカチュウ』のハイテンションな最新映像が公開。怪し気な闘技場でリザードンと対決、ミュウツーも降臨

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧