『ペプシマン』に怒れるゲームオタクが鉄槌をくだす!「AVGN」最新エピソードはペプシを届ける奇妙で懐かしのヒーローによるアクションゲーム

 いわゆるクソゲーをコメディタッチに紹介する『Angry Video Game Nerd』(以下、AVGN)の最新エピソードが公開された。今回取りあげられたゲームはプレイステーション用ソフト『ペプシマン』。日本でのみ発売されたゲームなので、パッケージや説明書、ゲームの言語も日本語だ。

 特別ゲストとして、ゲームのカットシーンでペプシコーラ(以下、ペプシ)を飲み続ける男性を演じたマイク・バターズ氏とペプシマンが出演。ゲームで共演したふたりが20年ぶりに再開を果たした。

(画像はYoutube 「Pepsiman (PS1) – Angry Video Game Nerd」より)

 ペプシマンは1996年に登場したペプシの宣伝キャラクターだ。銀色をベースにペプシの青いカラーリングのマッチョなヒーローだが、困った人を助けるために戦うのではなく、元気づけるためにペプシを届けるという方向で活躍する。

 1999年に発売されたゲーム版『ペプシマン』もCMのキャラクター性をそのまま再現しており、ペプシマンがペプシを集めながら困っている人にペプシを届けるというものになっている。

(画像はYoutube 「Pepsiman (PS1) – Angry Video Game Nerd」より)

 非常にアメリカンなCMで、ゲームも英語音声に日本語字幕ということでいかにも洋ゲーに見えるが、日本でのみ発売され、ペプシマン自身も日本オリジナルキャラクターだ。ペプシマンの海外での知名度はほとんどないと言っていいだろう。

 ゲームは、3Dで再現されたステージを障害物を避けながら奥へ奥へと走っていくアクションゲームだ。ゲームの目的である「困っている人にペプシを届けに行く」というのは、CMとペプシマンを知っていればなんとかついていける世界観だが、どちらも知らない人から見れば奇妙極まる世界だ。

(画像はYoutube 「Pepsiman (PS1) – Angry Video Game Nerd」より)

 AVGNは動画内でいつものように怒りをもってゲームに鉄槌をくだしていく。ステージの道中ではペプシを拾いながらゴールを目指すが、ゴールに到着すると何故か改めて自動販売機からペプシを購入する。100本近いペプシを集めておきながら、最終的に自販機でペプシを購入するというのは確かにおかしな話だ。

 このことから「ペプシマンはすべての人にペプシを作るが、‟彼自身のために”ペプシを作ることはできない。」という悲しい事実にAVGNは気がついていく。

文/古嶋誉幸

関連記事:

ゲーム版『ホームアローン』と主役のマコーレー・カルキンが怒りの再会。クソゲーに鉄槌を下す動画シリーズ「AVGN」に出演

大学教授が「ビデオゲームに登場する自動販売機」のデータを約2年半にわたり収集。リストはすでに3000タイトルを突破

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧