非対称対戦ホラーゲーム『Dead by Daylight』北米スイッチ版が9月24日発売。日本でも秋に展開予定

 米任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『Dead by Daylight』を2019年9月24日に発売すると明らかにした。

 『Dead by Daylight』は、1対4で対戦を行う非対称マルチプレイホラーゲーム。プレイヤーはキラーと呼ばれる殺人鬼ひとり、そして脱出を目指すサバイバー4人に別れ、フィールド上で命をかけた鬼ごっこを繰り広げていくことになる。開発は、カナダのゲームデベロッパーBehaviour Interactiveが行っている。

 本作はゲーム実況などでも人気のタイトルで、累計で500万本以上の販売本数を達成している。電ファミニコゲーマーでは、「いい意味でざっくりと曖昧な勝敗のシステム」を搭載しているシステムだからこそ人気を得たと分析する記事もあるため、あわせて読むと本作の魅力が理解できるだろう。

なぜ『Dead by Daylight』は日本と世界で流行したのか? その理由を近年の人気マルチプレイ対戦ゲームと照らし合わす

 『Dead by Daylight』は2016年6月にSteamで発売され、その後はPS4やXbox Oneなどでも展開されている(日本ではSteam・PS4版のみ展開)。今回は北米Nintendo Switch版の発売日が明らかになった。Nintendo Switch版には、9人のキラーと10人のサバイバー、そして3つのコスメティックパックが収録されているとのこと。

(画像はDead by Daylight for Nintendo Switch – Nintendo Game Detailsより)
(画像はDead by Daylight for Nintendo Switch – Nintendo Game Detailsより)

 本作は日本国内でも展開される予定で、2019年2月に実施されたNintendo Directでは2019年秋に発売されると告知されていた。今回はあくまで北米向け発売日に関する発表だが、日本でもそう遠くないうちに恐怖の鬼ごっこを楽しめる日が来ることだろう。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

なぜ『Dead by Daylight』は日本と世界で流行したのか? その理由を近年の人気マルチプレイ対戦ゲームと照らし合わす

なぜ『ゴッド・オブ・ウォー』がゲームアワードを獲得したのか? めんどくさい開発者たちによる2018年のゲーム(いまさら)総ざらい座談会【岩崎啓眞・島国大和・hamatsu・TAITAI】

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧