『ファミコン Nintendo Switch Online』6月12日に『シティコネクション』、『ダブルドラゴンⅡ The Revenge』、『バレーボール』が追加へ

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』の新タイトル追加を2019年6月12日に行うと発表した。

 有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」に加入すると、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』でさまざまな懐かしのファミコンタイトルを遊ぶことができる。本作では毎月新たなタイトルが追加されており、2019年6月は『シティコネクション』、『ダブルドラゴンⅡ The Revenge』、『バレーボール』が追加されると明らかになった。

(画像は【6月12日追加】『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』今月のタイトル追加日が決定 | トピックス | Nintendoより)

 『シティコネクション』は、ジャレコが開発し1985年に発売されたタイトル。プレイヤーは、少女・クラリスが運転する車を操作し、パトカーから逃げ回りつつハイウェイにある足場をすべて通ればクリアとなる。

 いわゆるドット・イート的なゲーム内容になっており、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・インド・日本といった各国が再現されているのもポイント。今回はファミリーコンピュータ版が収録される。

(画像は【6月12日追加】『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』今月のタイトル追加日が決定 | トピックス | Nintendoより)

 『ダブルドラゴンⅡ The Revenge』は1989年に発売されたベルトスクロールアクション。開発はテクノスジャパンで、主人公のビリーとジミーが双截拳を使いこなし、武装集団と戦いを繰り広げていく。ベルトスクロールアクションというジャンルを生み出したと言われるシリーズ作品の第2弾となる。

 本作は2P PLAYモードも収録されており、協力プレイのみならずお互いに攻撃しあいながら遊ぶことも可能になっている。

(画像は【6月12日追加】『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』今月のタイトル追加日が決定 | トピックス | Nintendoより)

 『バレーボール』は1986年にファミリーコンピューター・ディスクシステムで展開されたタイトルで、タイトルのとおりバレーボールを楽しめる一作。発売当初のバレーボールのルールで遊ぶことができ、15点1セットで3セット取得したチームの勝利となる。

 シンプルなゲームながら奥が深く、時間が経ってもなかなか色あせない一作だ。こちらも2人プレイに対応している。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

任天堂オマージュのネット文化を逆手に取って再構築──『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』に見る“ヴェイパーウェイヴ”との関係性

『Nintendo Labo: VR Kit』発表と同時にTwitterでまさかの「バーチャルボーイ」がトレンド入り。これまで立体映像に挑戦してきた任天堂の歴史

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧