『どこでもいっしょ』が20周年で再始動。スマホ向けパズルゲーム『トロとパズル~どこでもいっしょ~』が年内に展開へ

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、スマートフォン向けタイトル『トロとパズル~どこでもいっしょ~』を発表した。2019年内に配信予定で、基本プレイ無料(アプリ内課金あり)のタイトルとなる。

(画像は【公式】『トロとパズル~どこでもいっしょ~』(@toropuzzle)さん | Twitterより)

 『トロとパズル~どこでもいっしょ~』は、人間になりたい猫「トロ」といったポケピたちと会話しながら日常生活を楽しむ『どこでもいっしょ』シリーズの20周年を記念して展開されるタイトル。ジャンルはパズルゲームとなっており、パズルをクリアするとトロをはじめとする仲間たちとの会話やストーリーを楽しめるようになっている。

 ゲームの開発はForwardWorksが担当。新たなポケピである「ソラ」の情報も公開されており、ゲームの進行役とストーリーの要になる存在であることが明かされている。

 また、本作のiOS限定クローズドβテストも実施予定。公式サイトの応募フォームからメールアドレスを登録することにより応募が可能で、当選者は2019年6月10日に発表。6月17日までクローズドβテストを体験することができる。

(画像は【公式】『トロとパズル~どこでもいっしょ~』(@toropuzzle)さん | Twitterより)
(画像は【公式】『トロとパズル~どこでもいっしょ~』(@toropuzzle)さん | Twitterより)(画像は【公式】『トロとパズル~どこでもいっしょ~』(@toropuzzle)さん | Twitterより)

 公式Twitterアカウント(@toropuzzle)も開設されており、今後はこのアカウントで舞台となる「天つ空(あまつそら)町」の情報や、ゲームの詳細が発表されていくという。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

【田中圭一連載:どこでもいっしょ編】毎日会話するキャラだからこそ「100%かわいい」ではダメ。南治一徳が辿り着いたキーワード“ブスかわいい”が愛され続けるトロを生み出した

言葉が通じない少女と館から脱出するVRアドベンチャーゲーム『Last Labyrinth』のクラウドファンディングが開始。『どこでもいっしょ』や『人喰いの大鷲トリコ』の開発者手がける

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧