米ガンホー、HD版『グランディア』『グランディアII』をPCとNintendo Switchで発売へ。オリジナルの日本言語にも対応予定

 米ガンホー・オンライン・エンターテインメントは、『グランディア』『グランディアII』のHDリマスター版をリリースすると英語圏向けに発表した。

 昨年8月にもIGNを通じて伝えられていた情報だが、当初の「今冬」という発売時期からは大きくズレることになった。今回はあらためて正式にアナウンスされ、E3への出展とともに一部詳細も明らかにされている。

(画像はGungHo Online Entertainment America 公式サイトより)

 『グランディア』は1997年にセガサターン、1999年にPlayStationで発売されたゲームアーツのRPG。超古代文明の機械と魔法が交わる世界観で、プレイヤーは冒険家を夢見る少年ジャスティンとなって、広大な世界を探検して行くことになる。2Dのキャラクター絵と3Dの背景、王道のジュブナイル展開が特徴。2000年にはドリームキャストにて『グランディアII』が発売、2002年にはPlayStation 2へ移植された。

 Nintendo Switchでは、そんな両作のHDリマスター版を収録した『Grandia HD Collection』が発売予定。PC向けとしては、2015年に発売された『Grandia II Anniversary Edition』『Grandia II HD Remaster』へと名称を変更され再販、さらに『Grandia HD Remaster』が個別に販売される予定となっている。

(画像はSteam | Grandia II Anniversary Editionより)

 それぞれのHDリマスター版ではUI、スプライト、テクスチャアートが強化。オリジナル版のシネマティック映像もビジュアル的な改善が施されている。PC版ではワイドスクリーンやカスタム解像度、Steamカードおよび実績にも対応予定。初代『グランディア』のPC版ではゲームパッドだけでなくキーボードのプレイもサポート、操作設定も可能となっている。

 そして特に今回重要なのが、音声が日本語と英語に対応、さらにサポート言語にもオリジナルの英語と日本語が記されている点だ。2015年にSteamとGOGで発売された『Grandia II Anniversary Edition』は、残念ながら日本国内向けにはアナウンスされず、一部音声のサポートを除くUIや字幕は日本語には対応していなかった。今回の発表が正しければ、ついにHD版『グランディア II』が初代も含め日本語でプレイできるようになることを意味している。

 なお両作の対応言語では、原作にはなかったフランス語とドイツ語も追加されると伝えられており、「日本語と英語音声、英語字幕のみ」という2015年に発売されたAnniversary Edition版の仕様からさらなるローカライズが施されていることが伺える。

(画像はSteam | Grandia II Anniversary Editionより)

 HD版『グランディア』の発売時期は現時点で明かされていないものの、今回の発表ではレビュー用ソフトのリクエストを受け付けることも伝えられており、そう遠くない時期に続報が届くのではないかと考えられる。今後の展開を待ちたい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧