Microsoft、次世代機「プロジェクト・スカーレット」正式発表。2020年ホリデーシーズンに『Halo』最新作とともに発売へ

 Microsoftは6月10日に実施した「Xbox E3 2019 ブリーフィング」にて、次世代機「プロジェクト・スカーレット」を正式発表した。

(画像はMixer | E3 2019 Xbox Briefingより)

 リリース時期は2020年を予定。『Halo』シリーズ最新作となる『Halo Infinite』と同時に発売される。公開されたトレイラーではSSDの採用や120fpsへの対応などが公表され、“ゲーム専用機”としてより深い没入感をユーザーに提供することが明らかにされた。おもな仕様は以下のとおり。

・カスタムデザインのプロセッサー搭載
・AMDの新アーキテクチャ「Zen 2」と「Navi」技術を採用
・純粋なプロセッサーパワーはXbox One Xの4倍パワフルに
・ハイバンドメモリ「GDDR 6」を搭載
・最大で120fps、8K、VRR(Variable Reflesh Rate)、リアルタイムのレイトレーシングに対応
・新生代SSDを開発し搭載

 トレイラーにて特徴的なのは、ビジュアルやフレームレートの強化といった要素よりも、新型機でより快適なゲーム体験がユーザーに提供されるという部分がより強調された点だ。エレベーターでプレイヤーが待ち続けるようなロード時間や、ワールドの切り替えによる時間待ちといった問題は短縮され、さらなる没入感が楽しめるとMicrosoftは約束している。

 詳細なスペックや後方互換、対応タイトルなどについてはまだ謎も多いが、シリーズ最新作である『Halo Infinite』が同時に発売されることが明らかにされている。今後の続報に期待したい。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧