40周年を迎えた「PC-8001」関連の新ハードウェアが8月5日に発表へ。BASICプログラムが実際に動作、レトロゲーム添付の記念品も

 NECパーソナルコンピュータは、8月5日にNEC初の本格的パーソナルコンピュータである「PC-8001」の誕生40周年を記念した発表会を開催すると発表した。

 発表会では、新商品として「8001へのオマージュを込めた特別モデル」が発表され、また「8001で稼働するBASICプログラムが実際に動作するハードウェア」と、「そこにレトロゲームを添付した記念品」がお披露目されるとのこと。

 NECパーソナルコンピュータ株式会社は、2019年8月5日(月)に、NEC初の本格的パーソナルコンピュータであるPC-8001の誕生40年を記念した新商品の発表会を開催いたします。
 当発表会では、世界にまだ個人がコンピュータを所有するという概念すらなかった時代にどのようにしてPC-8001が誕生したかを振り返り、8001へのオマージュを込めた特別モデルを発表します。さらに、日本のITカルチャーの原点とも言える8001で稼働するBASICプログラムが実際に動作するハードウェアと、そこにレトロゲームを添付した記念品もお披露目します。

 

NECパーソナルコンピュータ 

 PC-8001は、1979年に日本電気が発売したパーソナルコンピュータ。PC-8001に始まり、以後PC-8001mkII、PC-8001mkIISRの後継機、さらに上位機種としてPC-8800シリーズが発売されている。

 当時、日本電気は1976年に発売した国内初のPCであるTK-80に手ごたえを感じ、開発に着手した。TK-80含め、当時のPCはユーザーが自身で組み立てるPCキットが多かったが、PC-8001は日本電気初の完成品PCとして発売。定価は168000円で、キーボードと一体型の高級感あるデザインが特徴だ。当時、PCは「マイコン」と呼ばれていたが、頭に「PC」と名づけることによって「パーソナルコンピュータ」という用語を日本で普及させることに一役買った。

記者会見の予告画像

 発表会にはNECパーソナルコンピュータ代表のデビット・ベネット氏、元日本電気の渡辺和也氏後藤富雄氏、さらに特別ゲストとして西和彦氏が登壇する。

 デビット・ベネット氏は、1979年生まれのカナダ出身。早稲田大学で日本語を学び、AMDのコーポレートバイスプレジデント兼OEMアカウント担当ゼネラルマネージャーを務めていたこともある人物。現在は、レノボ・ジャパンの代表取締役社長およびNECパーソナルコンピュータの代表取締役執行役員社長を兼務している。

 渡辺和也氏は、日本電気の社内ベンチャーのチームリーダーとして日本電気のパソコン事業を立ち上げた人物だ。そのチームに加わったのがエンジニアの後藤富雄氏である。半導体やコンピューターの知識を基に、TK-80やPC-8001の開発に携わることになる。NECパソコンの父と呼べる人たちだ。

 西和彦氏は、雑誌『月刊ASCII』を創刊した編集者、実業家。株式会社アスキー出版(後のアスキー)を創業メンバーで、マイクロソフトと提携し極東担当の副社長に就任。その後、アスキー社長を経て現在は明浄学院の理事長などを務めている。PC、IT業界で長らく最前線にいた人物だ。

 こんな豪華なメンバーが一堂に介する発表会では、世界にまだ個人がコンピュータを所有するという概念すらなかった時代にどのようにしてPC-8001が誕生したかを振り返り、歴代NECマシンを展示するという。
 PC-8001そのものが復刻されるのか、あるいはPC-8001を模した新商品が発表されるのか。日本のITカルチャーの牽引した名機がどのような姿で戻ってくるのか、8月5日の発表に注目したい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧