『マリオ&ルイージRPG』などで知られる「アルファドリーム」が破産手続きを開始。負債額は約4億6500万円

 帝国データバンクは、ゲーム開発会社である「アルファドリーム」が破産手続きを開始したと発表している。記事執筆現在、同社の公式サイトはアクセスできない状態となっている。

(画像はアルファドリーム公式サイトより)

 アルファドリームは、スクウェアで代表取締役社長を勤めていた水野哲夫氏、『スーパーマリオRPG』のディレクターを担当した藤岡千尋氏・前川嘉彦氏らが中心となって2000年に立ち上げたゲーム開発会社である。

 GBAやニンテンドー3DSなど携帯ゲーム機を中心にさまざまなプロジェクトに関わっており、『トマトアドベンチャー』、『マリオ&ルイージRPG』シリーズ、『とっとこハム太郎』シリーズ、最近ではコロコロコミックのキャラクターを題材にしたスマートフォン向けアプリ『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』などを手掛けていた。

 2014年3月期には年収入高約3億円を計上していたものの、その後は開発費の負担などにより事業継続が困難に。2019年10月1日より、東京地裁から破産手続き開始決定を受けることとなった。負債額は2018年3月末時点で約4億6500万円とのこと。

『マリオ&ルイージRPG3 DX』。
(画像はマリオ&ルイージRPG3 DX 紹介映像 – YouTubeより)

 『マリオ&ルイージRPG』シリーズは現役のタイトルであり、15年以上の歴史が続いている。その開発会社が破産するとなれば、今後の展開に大きな影響を与えることになるだろう。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧