イタズラガチョウゲーム『Untitled Goose Game』がSNSで話題沸騰。ほかのゲームとマッシュアップしたりガチョウになりきってしまうストリーマーも

 Nintendo SwitchとPC(Epic Games Store)でリリースされた、ガチョウになって悪の限りを尽くすゲーム『Untitled Goose Game』の人気が沸騰中だ。ガチョウが主役の『GTA』と呼ばれるようなゲームだ。

(画像は『Untitled Goose Game』公式サイトより)

 売り上げも好調のようで、パブリッシャーのPanicのCabel氏は、米国のニンテンドーeショップで売り上げが1位に輝いたことをツイートしている。日本でも記事執筆時点でeショップのダウンロードゲーム部門で売り上げ1位となっている。

 デベロッパーのHouse Houseは海外メディアABCに対して、正確な数字は明かしていないもののすでに10万本以上がダウンロードされたと語っている。また、より多くのファンへとゲームを届けるため、Playstation 4やXbox Oneへの移植への意欲も見せている。

 ガチョウフィーバーに沸いているのは開発サイドだけではない。ファンもゲームを遊ぶだけでなく、様々な形でガチョウへの愛を表現している。

 特に多いのはやはりファンアートだ。ゲームの内容とは打って変わって平和なものやメイクとしてガチョウを描いたりと様々な発想で描かれている。『The Last of Us Part 2』とコラボした「The Last of Us Part Goose」や、『Ghost of Tsushima』とコラボした『Goose of Tsushima』といった別のゲームとの非公式コラボレーションアートも話題となっている。このキュートなコラボレーションにはNaughty Dogの副社長も反応しているため、もしかすると本当にコラボレーションが実現するかもしれない。
 インターネットミームとの相性も良く、どこかで見たことがある画像にガチョウが紛れ込んでいる姿も数多く見ることができる。

 まだ確認できていないが、この調子であれば『GTA』や『The Elder Scrolls V: Skyrim』などでプレイヤーをガチョウにするMODも出てくることだろう。

 「ガチョウになって大暴れしたい」という理想をかなえるため、自らガチョウになったストリーマーもいる。音声認識などを利用したガチョウなりきりコントローラーを身にまとい、見事にガチョウになっている。彼が羽ばたけばゲーム内のガチョウも羽ばたき、「グワー」と鳴けばゲームのガチョウも鳴く。フルバージョンはTwitchから視聴できる。

 9月20日に発売され、かわいい見た目から繰り出される楽しいイタズラの数々を披露する『Untitled Goose Game』の人気はまだまだ衰えそうも無い。今後もガチョウをテーマにした楽しいファン活動を目にする機会は増えそうだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧