『ウォッチドッグス レギオン』や『レインボーシックス』最新作が2020年4月以降の発売に延期へ。『ゴーストリコン』新作の不調が理由に

 ユービーアイソフトは、『ゴッズ アンド モンスターズ』、『レインボーシックス クアランティン』、『ウォッチドッグス レギオン』3タイトルの発売延期を発表した。

(画像はWATCH DOGS LEGION – ウォッチドッグス レギオン | Ubisoftより)

 これらタイトルは2020年3月末までに発売が予定されていたものの、2020年4月以降に延期が決定。新たな発売日については決まり次第発表されるとのこと。海外でも同様に発売延期が行われる。

 日本向けリリースでは延期の理由について「プレイヤーの皆様に革新的な技術が実装されている最高のゲームをプレイしていただくため、開発に多くの時間をかけるべきだと考え、延期を決断」したと書かれており、さらなるクオリティアップが行われるようだ。

(画像はゲームソフト | ゴーストリコン ブレイクポイント | プレイステーションより)

 なお、海外向けに公開された財務報告書によると、これらタイトルの開発の遅れには『ゴーストリコン ブレイクポイント』が関係しているとのこと。『ゴーストリコン ブレイクポイント』は発売後の評判と売り上げが芳しくなく、非常に残念な結果になってしまったという。

 Metacriticのレビュースコアは56、ユーザースコアは2.7と決して良い点数とは言えず、今後もコミュニティをサポートする必要があるため他タイトルの開発環境に影響が出ているようだ。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧