Google、クラウドゲームサービス「Google Stadia」の新作ゲームを開発するモントリオールスタジオを新設

 Googleは10月24日、同社のクラウドゲームサービス「Stadia」向けゲームソフトの開発を担う新たなスタジオを、カナダ・オンタリオ州モントリオールに設立したと発表した。

(画像はTwitterより)

 モントリオールは、Electronic ArtsやUbisoft、WB Games、THQ Nordic、スクウェア・エニックスといった多くの大手ゲームメーカーがスタジオを展開している業界の活気にあふれたエリアだ。

 Stadia Games and Entertainmentの代表を務めるJade Raymond氏は公式ブログの中で、あらゆるジャンルにおいて多様性に満ちたオリジナルのゲームコンテンツを提供していくとした上で、Stadiaはすべてのゲーム体験が目指す最終目的地としてデザインされていると語った。その出発地点として、自身も居住経験があるモントリオールの地を選んだとのこと。

 Stadiaは、11月19日から限定的にサービス開始を予定している。北米や欧州の14か国にて、スターターキットの「Founder’s Edition」として、130ドルで先行販売される。これには月額9.99ドルのプレミアム会員「Stadia Pro」の利用権が3か月分含まれており、4K、60fps、HDR、サラウンドに対応した高品質なストリーミングを体験できる。

 プレミアム会員は、一部タイトルの購入ディスカウントが受けられるほか、会員登録の有効期限内であれば数々のゲームを無料でプレイできる。また、有料のサブスクリプションモデルのほかにも、2020年からは無料サービスの「Stadia Base」も提供される予定だ。無料版のユーザーは1080pの解像度とステレオサウンドに利用が制限されるが、単体で購入したゲームは期間の制限なく利用し続けられる。

 すでにBethesdaやElectronic Arts、Ubisoft、スクウェア・エニックスをはじめ、21社のパブリッシャーと提携しており、『DOOM Eternal』『The Elder Scrolls Online』『Rage 2』『Destiny 2』『Assassin’s Creed Odyssey』『ファイナル ファンタジーXV』『Tomb Raider』シリーズなど、31本のゲームタイトルの提供を予定している。

(画像はTwitterより)

現時点で日本はサービスの対象エリアに含まれていないが、2020年からの本格展開にあわせてより多くの地域や国でサービスが開始されることが分かっている。

ライター/Ritsuko Kawai

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧