iOS版『Layers of Fear』が配信開始。狂気に侵された画家が洋館を彷徨う幻想的なホラーアドベンチャーゲームの名作が、DLCも同梱されてお手軽サイズに

 DMM GAMESは、ホラーアドベンチャーゲーム『Layers of Fear』iOS版を配信したと発表した。価格は980円。PC版ではDLCとして販売していた『Layers of Fear:Inheritance』が同梱されている。

 2016年に発売された『Layers of Fear』は、ポーランドの開発スタジオBloober Teamが手掛けた一人称視点のホラーアドベンチャーゲーム。ゲーム内でプレイヤーは強迫観念に襲われた画家を操作し、自身が住んでいる洋館を彷徨いながら、狂気の正体は何か、洋館で何が起こっていたのかを突き止めていく。

 画家とは異なる視点から描いた『Layers of Fear:Inheritance』では、異なる切り口によって物語の真相が明らかになるので、DLCを含めて最後までプレイすることを推奨したい。

 本作は、配信が停止された小島秀夫監督の『P.T.』に続くゲーム性で注目を浴びた。いわゆるウォーキングシミューレーターに位置づけられる作品でもあるが、絵画をテーマにした幻想的で目まぐるしいホラー演出が評価され、一人称視点ホラーゲームに飢えていたプレイヤーにささり、スマッシュヒットを記録している。

 なお続編『Layers of Fear 2』が今年5月に発売されたばかりであり、こちらは豪華客船が舞台となり映画撮影にまつわる狂気を描く。前作とは直接的な繋がりはないので、それぞれ個別にプレイしても大丈夫だ。同作もiOSでリリースされ手軽に遊べることに期待したい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧