『Call of Duty: Modern Warfare』が発売3日間で6億ドルの売上を記録。シリーズ史上ローンチ時にもっとも成功したタイトルに

 Activision Blizzardは10月30日、『Call of Duty: Modern Warfare』の全世界における売上が、発売から3日間で6億ドルを超えていたことを明らかにした。

 この記録は現行機世代におけるシリーズ史上最高額で、2019年に発売された有料ゲームタイトルの中でも群を抜いている。これにより、『Call of Duty: Modern Warfare』はActivisionの歴史上、ローンチ時にもっとも成功を収めたタイトルとなった。

(画像は公式サイトより)

 Activision Blizzardによると、PlayStation Networkにおける発売前予約数および発売後3日間のデジタルセール額に関しても、『Call of Duty: Modern Warfare』はPlayStation 4の歴代記録を塗り替えたとのこと。また、3日間における累計プレイヤー数とゲームプレイ時間についても、過去6年間のシリーズ作品中でトップだったという。

 同社CEOのBobby Kotick氏は声明の中で、シリーズ作品が1年でもっとも売り上げた有料ゲームに再び輝いた事実は、家庭用ゲーム機、PC、モバイル、eスポーツをとおした同フランチャイズの永続性を証明していると述べた上で、成功を支えた開発元および運営チーム、そしてゲームコミュニティに対して感謝を示した。

 『Call of Duty: Modern Warfare』は、2019年10月25日に発売されたファーストパーソン・シューティングゲーム。2003年から続く『Call of Duty』シリーズの19作品目にあたる。過去にナンバリングタイトルとして発売された『Call of Duty 4: Modern Warfare』『Call of Duty: Modern Warfare 2』『Call of Duty: Modern Warfare 3』と同様の作品名を冠しているが、世界観やストーリーの関連性は一切ない。完全なリブート作品である。

 『Call of Duty』シリーズでは初めてのマルチプレイヤーモードにおけるクロスプレイに対応していることが特徴で、特定の条件化においてPlayStation 4およびXbox Oneのコンソールユーザーと、PCユーザーの間でクロスプラットフォームのオンライン対戦が可能になった。また、今作ではゲームエンジンを一新しており、写真測量法やレイトレーシングといった高度なレンダリング手法を取り入れることで、より写実的なグラフィックを実現した。

ライター/Ritsuko Kawai

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧