ValveがSteamから低価格ゲームを中心に半日で約1000本のゲームを削除。一部高評価の作品も対象に、パブリッシャーの作品がすべて削除される事例も

 Valveが同社のビデオゲームのダウンロード販売プラットフォームSteamにて、ダウンロードコンテンツを含めて1000本前後ものビデオゲームをストア上から削除していることが話題になっている。APIを利用した外部のWebツール「Steam Tool」にて、最近Steamから削除された作品が確認できる。記事執筆時点でValveから声明は出ていない。

(画像はSteam「Dagestan Technology」より)

 削除されたのは低価格帯のインディーゲームで、AAAタイトルは含まれていないようだ。Siberian DigitalやZotdinex、Dagestan Technology、VT Publisingなど、パブリッシャーの作品がすべて削除されている例もある。

 量が多いだけにすべては確認できないが、削除された作品はアセットを多用したいわゆるアセットフリップの作品、他者の著作物を勝手に利用した作品、あるいは質の低いショベルウェアだと思われる。しかし中には『Electric Highways』のように1300件ものレビューから非常に好評を得ていた作品もある。

 Steam Directによりゲームリリースのプロセスが簡略化され、さまざまなゲームがリリースされるようになったことで、Steamはかねてよりポルノゲームの二転三転するリジェクトのポリシーや、粗製濫造ゲームの取り締まりなどで批判を集めていた。Valve自身もこれらの対応に苦慮していることを認める記事をリリースしている。この記事では暴力やポルノを含む多くのゲームを容認していく一方、違法な作品や荒らし行為など最低限のコンテンツのコントロールを行うとしている。

 今回の大量削除も削除アルゴリズムが完全に正しいかどうかは難しいところだ。Siberian Digitalの公式サイトでは、まだゲームがSteamで販売されていることになっているため、事前の通知はなかったことがうかがい知れる。ポリシーに違反した作品が消えるのは当然だが、削除された1000本の作品の中に真面目に作られたゲームが含まれている可能性は否定できない。そういったゲームデベロッパーのため、削除に抗議する窓口が開いていることを望みたい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧