世界で唯一囲碁AI「アルファ碁」に勝利した韓国トッププロ「イ・セドル」九段が現役引退を表明。24年で世界大会18度の優勝を果たした世界有数の棋士

 韓国トッププロ棋士の李世ドル(イ・セドル)九段が現役引退を表明したことを、韓国メディアYonhap News Agencyが報じている。李九段は2016年にGoogle DeepMindが開発した囲碁AI「アルファ碁」と対戦した。1-4で敗北したものの、AIプレイヤーに勝利したのは李九段だけの快挙だ。

 引退に際し李九段は、Yonhap News Agencyに対し「必死に努力してナンバーワンになっても、自分がトップではないことに気付きました。私がナンバーワンになっても、打ち負かすことのできない存在があります。」と語っている。

 東亜日報によると、今年3月には中国の棋士柯潔(コ・ジェ)九段に敗北したあと、「おそらく今年が最後になるだろう。」と引退の意向を示していたという。勝負の世界を去っても囲碁界でやるべきことはたくさんあると、一線を離れた今後も囲碁との付き合いは絶たないようだ。
 引退を記念した対局として、12月には韓国NHNが開発した囲碁AI「ハンドル」と三番勝負に臨む。ハンドルはNHNが『ハンゲーム』の囲碁で培った技術とデータを利用したソフトウェアだ。

(画像は(Yonhap Interview) Go master Lee says he quits unable to win over AI Go playersより)

 李九段は1995年に12歳でプロに昇格し、プロ引退までの24年間に世界大会で18度、韓国大会で32回の優勝を果たしている。韓国棋院の公式集計によると、生涯獲得賞金は約9億円になるという。

 アルファ碁を製作したDeepMinedのCEOデミス・ハサビス氏は李九段の引退に対して海外メディアThe Vergeに「九段はアルファ碁との対戦で”真の戦士の精神”を示しました。今後の活躍を願っています。世界最高の囲碁プレイヤーとして記録されることは間違いありません。」と語っている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧