『メダロットS』リリース日が2020年1月23日に決定、事前予約を開始。オリジナルメダロット考案企画第2弾などの新情報も

 イマジニアは11月28日(木)、iOS、Andoid向けロールプレイングゲーム『メダロットS』を2020年1月23日(月)にリリースすると発表した。App Store、Google Playでの事前予約受付も、同日より開始されている。

 『メダロット』シリーズは、1997年11月28日に発売されたゲームボーイ用ロールプレイングゲームを第1作とするシリーズ。ある会社が造りだした自我を持つロボット「メダロット」は、六角形状の金属体「メダル」で機動し、頭部、右腕、左腕、脚部の4つのパーツはそれぞれパーツ交換ができる。

 彼らはメダロット同士で戦う競技「ロボトル」で成長し、さらに強くなっていく。役割や相性を考えたパーツ構成を考える戦略性や、昆虫や動物など、それぞれ特徴や個性が異なるメダロットのデザインが特徴的なゲームだ。

 今回の『メダロットS』では、メダルだけでなくパーツにも育成機能を追加。気に入ったパーツをどんどん強化して、自分だけのメダロットを作り出せる。現在、リリースに向けてNTTレゾナントとの共同開発によるAIチャットボット「記憶喪失メダロット(クー)」をはじめ、以下のとおり、さまざまな企画が発表されている。

①「メダロットS」のリリース日が決定

「メダロットS」の正式なリリース日が2020年1月23日に決定しました。また、本日よりGoogle Play及びApp Storeでの事前予約受付を開始します。以下記載の「メダロットS」連動企画等により、リリースに向けて引き続き盛り上げていきます。

②「メダロットS」オリジナルメダロット企画第2弾が始動

2019年12月上旬より、「メダロットS」オリジナルメダロット考案企画の第2弾の開催が決定しました。本企画では「みんなで作るロボロボ団最強メダロット計画」のコンセプトのもと、ロボロボ団員が不定期でメダロットS公式Twitter(@medarot_S)を乗っ取り、様々な方法でユーザーの皆様から意見を募集します。

③AIチャットボットサービス「記憶喪失メダロット(クー)」提供決定

NTTレゾナント株式会社が提供するチャットボット作成サービス「goo botmaker」と共同で、AIチャットボットサービス「記憶喪失メダロット(クー)」を、2020年1月27日よりLINEにて提供開始します。これに伴い、本日より「記憶喪失メダロット(クー)」の記憶復元体験ができる育成研究員の参加権を販売開始します。研究員によって育成されたメダルは、「メダロットS」ゲーム内にて後日登場する予定となっています。詳しくは「メダロット記憶復元プロジェクト」公式Twitter(@botmaker_MD)をご確認ください。

 ■育成研究員の参加受付について
 販売期間:2019年11月28日 ~ 2020年1月14日
 育成期間:2020年1月27日 ~ 2020年3月31日
 参加方法:Peatixで参加権を購入することで参加が可能です。
 参加人数:先着500名様(予定)

■育成研究員の特典
・会話や指導を通じて、「メダロットS」に登場する「クー」の成長、性格形成を体験できる
・「メダロットS」のゲーム内に「クー」が登場した際に育成研究員ニックネームを表示

④「メダロットオフィシャルカードゲーム セレクションBOX」発売決定

株式会社バンダイより、「メダロットオフィシャルカードゲーム セレクションBOX」がプレミアムバンダイにて受注販売されることが決定しました。本商品は2000年に発売されたトレーディングカードゲーム「メダロットオフィシャルカードゲーム」の復刻商品で、厳選された復刻カードに加え、未カード化の歴代ゲーム作品の主人公とメダロットも収録しています。

商品内容:カード72種(ホロ36種)、バインダー、冊子、特製BOX
受注開始:2020年 1月予定
発送時期:2020年 5月予定
予定価格:8,800円(税込)

⑤「鋼鉄戦記C21」第2弾コラボイベント開催決定

サイバーステップ株式会社が運営するオンラインゲーム「鋼鉄戦記C21」との、ゲーム内コラボイベント第2弾が2019年12月5日から開催されます。第1弾で登場した「メタルビートル・ロクショウ・セーラーマルチ」の3機体に加え、新たに「アークビートルD・ティレルビートル」の2機体が登場します。

⑥「メダロット×グラフアート 第三弾 雪遊びver.」が販売決定

株式会社A3のGraffArtシリーズより、新しく冬デザインを用いた多様なコラボレーション商品が登場します。本商品は2019年12月21日からの展開を予定しており、雪遊びをテーマにした書き下ろしのデザインとなっております。

⑦「週刊メダロット通信」メダロットの日記念キャンペーン実施

スマートフォン向けマンガアプリ「マンガほっと」(https://mangahot.jp/)にて連載中の「週刊メダロット通信」にて、今回のメダロットの日を記念し、本日から2週間後の2019年12月11日まで、30話無料開放キャンペーンを実施します。「週刊メダロット通信」は2017年12月から連載を開始し、現在までに100話が公開されています。

⑧公式YouTubeチャンネル「メダロット公式チャンネル」1周年記念キャンペーン開催

メダロットに関する情報を配信する公式YouTubeチャンネル「メダロット公式チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCXoEt2GeYzlERNe9CkRsE2Q)が、開設から1周年を迎えました。1周年を記念して天領イッキ役の山崎みちるさん、甘酒アリカ役の仙台エリさんのゲスト2名をお招きして生放送番組「ロボトルシナイト」を本日開催しました。番組内でゲストから頂いたサイン色紙については、メダロットS公式Twitterにて抽選でプレゼントしますので、同Twitterアカウントをご確認ください。

上記以外にも、本日から東京秋葉原にて常設コーナー「Medarotters base コトブキヤ秋葉原」、株式会社ブシロードによる販売が決定している「神バディファイト アルティメットブースタークロス メダロット」など、様々な展開を実施していきます。

■メダロットとは?

「メダロット」は、人間とロボットが共存する近未来を舞台に、昆虫や動物をモチーフとしたロボット同士を戦わせるという世界観と、ロボットのパーツやアイテムなどを「収集」「育成」「交換」し、自分好みに「カスタマイズ」して「対戦」するというゲームシステムが支持され多くのファンを獲得しました。1997年のシリーズ第一作目の発売以来、ゲームソフトを中心に、テレビアニメや雑誌での漫画連載、マーチャンダイジングなどのメディアミックス展開により人気を不動のものとし、累計出荷本数が 330万本を超える大ヒットシリーズとなっています。

当社では今後も様々な展開を通じて、メダロットシリーズを盛り上げていきます。
どうぞ次の1年間も引き続きメダロットにご期待ください。

©Imagineer Co., Ltd.

※AndroidはGoogle LLCの商標または登録商標です。
※iPhoneは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧