『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』のSteam版が本日発売。12月12日には実機プレイを見られる公式生放送も予定

 スクウェア・エニックスは12月11日(水)、Steam『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の配信を開始した。価格は7480円(税込)。すでに発売中のPlayStation 4版、Nintendo Switch版に展開されている追加DLCの第1弾「和風パック」、第2弾「水族館パック」、第3弾「近代建築パック」が同梱されている。

(画像はSteamストアページより)

 PlayStation 3用ソフトとして発売された『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(2016年)は、一面ブロックの世界で素材を集め、装備や建物を作るサンドボックスの楽しさに、『ドラゴンクエスト』シリーズのロールプレイングの要素を組み合わせているのが特長のタイトルだ。

 続く2作目としてPlayStation 4、Nintendo Switch向けに発売された『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(2018年)では、最大4人までのマルチプレイ対応や、スクリーンショットを共有できる「けいじばん」など、さまざまな新要素の追加や改良が行われている。

(画像はSteamストアページより)
(画像はSteamストアページより)

 今回発売されたSteam版『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は、北米欧州版の『Dragon Quest Builders 2』がベースとなっており、日本版とは一部のアイテムのデザインが異なっている点には購入前に注意が必要だ。

 12月5日(木)からはSteam版「たっぷり遊べる体験版」の配信も開始しているほか、2020年1月6日(月)までにSteam版を購入すると「やくそうかざり」、「ドラゴンクエストロゴ」、「キメラのつばさかざり」などのアイテムレシピが早期購入特典として付属する。

(画像はSteamストアページより)

 12月12日(木)の21時からは、まもなく発売1周年を迎える本作品の公式生放送も行われる予定。Steam版の実機デモプレイも予定されているので、気になる方はチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧