『Titanfall 2』がPSプラスのフリープレイ効果で人口大幅増。8万人を超えるプレイヤーがマルチプレイを遊んでいることが報告される

 PlayStation Plusのフリープレイ作品として、加入者向けに12月に配信された『Titanfall 2』。2016年に発売されて以降、マルチプレイモードのプレイヤー数は徐々に減少していったが、今回のフリープレイ化を受けて人口が大幅に伸びているとプレイヤーが喜びの声を上げている。

(画像はReddit「Day 2. We just passed 25000!!!」より)
(画像はReddit「68 thousand on ps4 this morning」より)
(画像はReddit「80K !!!!」より)

 『Titanfall 2』において、過去の期間のプレイヤー数は公式にはアーカイブされていないため正確に把握することは難しいが、海外フォーラムRedditのユーザーによる集計によれば2019年3月の週末の平均人数は4千人ほどだったという。一方でフリープレイ以降は、8万人以上のプレイヤーがマルチプレイモードをプレイしているという報告が複数挙がっている。
 もちろんピーク時と平均時のプレイヤー数は同じ数値ではないため単純に比較することはできないが、フリープレイ以降、プレイヤー規模が急激に増加しているのは間違いないだろう。

 なお、2019年はじめにはスピンオフ作品である『Apex Legends』がリリースされ、この際もプレイヤー数の増加が報告されていたが、その規模は1万人程度と伝えられていた。

(画像はPSStore『Titanfall 2』より)

 『Titanfall 2』は2016年に発売されたタイトルで、マルチプレイ専用だった前作とは違いシングルプレイも搭載されていた。マルチプレイはダブルジャンプやウォールランを駆使したパイロットによるスピーディな戦闘と、巨大なタイタンを呼び出したときの圧倒的な力とゲームプレイを大きく変化させるコントラストが『Titanfall』シリーズならではの面白さを有していた。
 マルチプレイの基本的なシステムを引き継いだシングルプレイの評価も高く、機械と人間の友情を熱く描いて高い評価を得た。

 多くの賞にノミネートされ、「Game Critics Awards 2016」ではベストオンラインマルチプレイヤー賞、「Golden Joystick Awards 2016」ではクリティクスチョイス賞に輝いた。しかし、売り上げはあまり芳しくなかったようで、EAが期待したほどの売り上げとはならなかったと報じられている。

 現在ゲームを開発したRespawn EntertainmentはF2Pのバトルロイヤルゲーム『Apex Legends』と『Medal of Honor』のVRゲームの開発に取り組んでいる。『TItanfall 3』の開発は今のところ考えられていないようだが、このフリープレイで新たなファンを獲得し、新作開発の助けになることを願うばかりだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧