「The Game Awards」ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が受賞。ベストアクションアドベンチャーゲーム賞とあわせて2冠にかがやく

 アメリカ・ロサンゼルスの現地時間で12月12日(木)に行われたアワードイベント「The Game Awards」にて、フロム・ソフトウェアとActivisionが開発した『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下『SEKIRO』)が、1年間でもっとも優れたゲーム作品を決める「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

(画像は『SEKIRO』公式サイトより)

 「The Game Awards」は、「Spike Video Game Awards」(2003~2012)と「VGX」(2013)の2つのアワードイベントを前身とする。著名な業界人の集まる団体によって選ばれる「D.I.C.E. Awards」や、世界のゲーム開発者が集まるイベント中に選ばれる「Game Developers Choice Awards」などの賞と並び、大きな影響力を持つアワードである。

 『SEKIRO』は9月に行われた「日本ゲーム大賞 2019」で優秀賞を受賞したほか、今回の「The Game Awards」ではゲーム・オブ・ザ・イヤー以外に、ベストアクション/アドベンチャーゲーム(Best Action/Adventure Game)部門でも賞を受賞している。

 ゲーム・オブ・ザ・イヤーの受賞にあたって、『SEKIRO』のディレクターを務めたフロム・ソフトウェアの代表取締役社長、宮崎英高氏による受賞スピーチは以下の通り。

ありがとうございます。すごく驚いてますし、感激してます。

『SEKIRO』は我々としては、新しい挑戦とか尖った部分を含んだタイトルだったので、作ってる間はすごく不安だったんですけれども、この素晴らしい賞を頂けて、すごく驚いてますし、すごく今興奮してます。

一緒に苦労してくれたフロムソフトウェアのスタッフ、そして素晴らしいサポートをしてくれた、Activisionの皆さんと共に喜びを分かち合いたいと思います。

最後に、プレイしてくれた多くのユーザーさんに、本当に大きな感謝を伝えたいです。皆さんのおかげで我々はゲームを作れてます。また面白いゲームを作るつもりなので、ぜひ期待してください。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧