『No Man’s Sky』最新アップデートで本格的なDTMツールが登場。ライトとの接続も可能でダンスフロアの雰囲気を再現できる

 Hello Gamesは12月17日、『No Man’s Sky』の最新アップデートとなるバージョン2.24の配信を開始した。

 今回のアップデートには多くの修正と改善が含まれているが、その中でも注目を集めているのは本格的なDTM(Desktop Music)ツール「ByteBeat Device」だ。本モジュールはSpace Anomalyから設計図を獲得することで作成可能になる。

(画像は『No Man’s Sky』アップデート情報より)
(画像は『No Man’s Sky』アップデート情報より)

 「ByteBeat Device」にはMIDIシーケンサー機能が搭載されており、誰でも簡単に音楽トラックを作ることが可能。また、自動演奏を行うアルペジエーターの機能もあるため、作曲に苦手意識の強い人でも作曲を楽しめる。また、「Advanced Waveform」では、波形を変更して音の聞こえ方を変えることもできる。

 「ByteBeat Device」は最大8台まで繋げて音の層を増やせるため、「Synchroniser」でそれぞれの音楽トラックを同期させれば、複雑な音楽も再現可能だ。

(画像は『No Man’s Sky』アップデート情報より)

 最後に、「ByteBeat Device」は制御用のケーブルとスイッチを使うことで、ライトなど他のデバイスに電力を供給できる。音楽に合わせてライトを点滅させれば、ダンスフロアさながらの雰囲気が再現されるだろう。

(画像は『No Man’s Sky』アップデート情報より)

 そのほか、新しい惑星基地のセットやコミュニティリサーチの進捗状況、完全なパッチノートの情報についてはこちらを確認してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧