顔面岩を転がすTDアクションゲーム『Rock of Ages 3: Make & Break』が2020年春Steamで発売決定。日本語ローカライズは3gooが担当

 3gooは12月26日(木)、タワーディフェンスアクションゲーム『Rock of Ages 3: Make & Break』の日本語版を発売することを発表した。

 本作は2020年春にSteamで発売予定で、国内でのタイトル名は『ロック・オブ・エイジス:メイク&ブレイク』になる。

 『Rock of Ages』シリーズは、奇妙な形の岩「ボールダー」を転がして仕掛けを突破し、敵の城門をぶち壊すタワーディフェンスアクションゲームだ。ACE TeamとGiant Monkey Robotが開発を行い、これまでに『Rock of Ages』(2011年)、『Rock of Ages II』(2017年)がリリースされている。

 ステージはリアルタイムで進行するほか、相手側も岩を転がしてくる。また、敵の攻撃を受けて岩が小さくなると、その分城門に与えるダメージは小さくなってしまう。自軍も仕掛けを配置できるのでうまく敵の岩を排除しながら、自分の岩を大きいまま城門にぶつける速さと戦略性が求められる。

 歴史上の偉人や芸術作品の登場人物などが登場し、ブラックジョークを展開するストーリーモードも独特の雰囲気と笑いを誘うタイトルだ。

 『Rock of Ages 3: Make & Break』にはシリーズ初のステージエディタを搭載。作成したステージはSteamのフレンドやオンライン上のプレイヤーと共有して楽しめる。最大4人のマルチプレイにも対応しており、誰が一番早く敵の砦を破壊するのかを競うことも可能だ。

 また、今作では20種類以上のボールダーが登場するほか、砦を守り続ける「Boulder Avalanche」(ボールダー襲撃)モードや、どこに転がるか分からない「ハンプティダンプティ」モードなど、6つのゲームモードで息つく暇のないタワーディフェンスと、壮大なアーケードアクションを楽しめる。

 

 詳細な発売日や価格などは未定となっているため、引き続き続報を待ちたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧