喫茶店アドベンチャーゲーム『コーヒートーク』発売開始。エルフやオークなどの異種族に1杯のあたたかいコーヒーを、『VA-11 Hall-A』から影響受けた新作

 Chorus Worldwideは、日本語版『コーヒートーク』の発売を開始した。本作は別世界のシアトルにあるエルフやオークなど様々な異種族が訪れる喫茶店で、彼らにコーヒーを提供するアドベンチャーゲームだ。

 プラットフォームはPS4、Nintendo Switch、Xbox One、Steam。価格はそれぞれ税別で、PS4、Nintendo Switchのパッケージ版が3980円、PS4、Nintendo Switch、Xbox Oneのダウンロード版が1600円、Steam版が1320円となる。

(画像はMy Nintendo Store『コーヒートーク』より)
(画像はMy Nintendo Store『コーヒートーク』より)

 本作『コーヒートーク』を開発したのはインドネシアに拠点を置くインディースタジオのToge Productions。友人ふたりでFlashゲームの開発を始め、現在はWebゲームやモバイルゲームなどを中心に開発している。『コーヒートーク』はSukeban Gamesのアドベンチャーゲーム『VA-11 Hall-A』に触発されて制作がスタート。プレイヤーが店員側となり、訪れる客と交流するコンセプトが共通している。

 別世界にあるシアトルの喫茶店「コーヒートーク」には、エルフ、オーク、人魚、サキュバス、エイリアンなど様々な種族が訪れる。プレイヤーはここで喫茶店マスターとなって温かい飲み物を提供して、彼らの言葉に耳を傾けるのが目的だ。ゲームのストーリー的な分岐は、顧客にどのようにサービスを提供するかで決まる。カフェにはローファイサウンドが鳴り響き、ピクセルアートは90年代のアニメから影響を受けたという。

(画像はMy Nintendo Store『コーヒートーク』より)
(画像はMy Nintendo Store『コーヒートーク』より)

 なお、本作はダウンロード版がパッケージ版に比べて値段が安価だが、PS4、Nintendo Switchのパッケージ版の初回限定特典では、CD2枚組みのオリジナルサウンドトラックが付属する。またAmazonでは、スマートフォン、PCなどでもサントラが聴ける「オリジナルサウンドトラック SONOCAカード」が付属。またヨドバシカメラおよび、古本市場の店舗特典では、オリジナルコースターが付属する。

 ゲームが好きになったらこういったグッズは欲しくなるので、安価なダウンロード版を購入する前に、まずは一考してみてはいかがだろうか。各種取り扱いストアは公式サイトから確認してほしい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧