かわいい猫たちが大乱闘する格闘パーティーゲーム『fisti-fluffs』が開発中。ゲームプレイ映像&体験版が配信

 アメリカ・コロラド州のインディゲームスタジオPlayfellow Studiosは、開発中の格闘パーティーゲーム『fisti-fluffs』において、バージョン「0.1.5」のゲームプレイ映像を公開している。本バージョンは、クラウドファンディングプラットフォームPatreonの支援者向けに配布中だ。また、itch.ioでは過去バージョン「0.1.4」のプレイアブルデモが配布されている。

(画像はYouTube「fisti-fluffs 0.1.5 gameplay official」より)

 Playfellow Studiosは他にも、サイバー感の漂うレースゲーム『New Light ’89』や、巨大ザメから逃げながら小さい魚を捕食していく育成ゲーム『Mako: The Shark Game』などの作品を制作している。

 映像の『fisti-fluffs』は、ふたりから4人まで遊ぶことができるローカルマルチプレイヤーゲーム。プレイヤーは残機数を決めた後、それぞれお気に入りの猫と帽子を選び、家の中や雪の積もった裏庭で大暴れする。どれだけ家がメチャクチャになったとしても、最後に残った猫だけが「一番かわいい猫」になれるのだ。

(画像はYouTube「fisti-fluffs 0.1.5 gameplay official」より)

 基本的にゲーム中は、ひっかき攻撃を行って相手の残機を削っていく。もしも自身が引っかかれた場合は、部屋にどこともなく現れる魚を食べると回復する。ただ引っかくだけでは間合いを詰められないので、タイミングを見計らって、飛びかかり攻撃で間合いを詰める必要がある。また、しゃがむ姿勢を取ることで、相手の飛びかかり攻撃を防いでカウンターを決めることも可能だ。

(画像はitch.io「fisti-fluffs Demo」より)

 また、本作にはかわいい猫の写真を撮影できるカメラモードも搭載しており、猫好きにとってはたまらない作品となりそうだ。デモ版をプレイして興味があれば、ぜひPatreonで支援を行って開発の行方を見守ってみてほしい。

(画像はitch.io「fisti-fluffs Demo」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧