「Steam」の同時接続プレイヤー数が「1880万人」を超える、2018年1月の最高同時接続1853万人の記録を更新

 ValveのPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」のデータを収集する外部サイト「Steam DB」は、Steamユーザーの同時接続数が1880万人を超えたことを報告した。これまでの最高記録は2018年1月に達成した1853万人で、約27万人の増加となった。

 SteamDBの統計によれば毎年1月と2月は同時接続数が伸びる傾向にあることがわかっており、年末年始や旧正月セールでSteamクライアントを起動する人の流れが今回のさらなる記録達成に結びついたと見られる。

 一方、今回の報告によれば、ゲームをプレイする人数は2018年1月の700万人に対し、2020年1月は580万人に留まり約120万人減少しているという。

 同じくSteamのデータを収集する「Steam Chart」によると、2018年1月は『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』のピークプレイヤー数が320万人を超える大ヒットとなったことが記録されている。一方で2019年はこういった支配的な大ヒット作が登場していないようだ。このことが同時接続数が伸びた一方で、ゲームをプレイする人数は減少している理由のひとつだと考えられる。

(画像はSteam『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』より)

 なお、単純に計算をしてしまうと、今回の同時接続者数が達成された際、1300万人はSteamを起動していてもゲームをプレイしていなかったことになる。

 ただし前述のとおり、ストアにセール目的でアクセスしていた人の流れが考えられるほか、Steamはソーシャルネットワーク・コミュニティ機能も充実しており、これまで10年以上にわたってアップデートされてきた。ゲームをプレイするだけでなく、フレンド同士でチャットしたり、近年ではゲームプレイ実況動画を配信したりすることも可能だ。

 今回の方向は、さまざまなサービスをたえず追加しているSteamが、ゲーマーの日常生活に根ざしている傾向も示しているのかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧