『The Last of Us Part II』のレーティング解説文に「ヌードや間接的な性表現」が加筆。Naughty Dog作品では初の事態に

 5月29日の発売が迫るNaughty Dogの『The Last of Us Part II』に関するレーティングが前作から若干引き上げられていることを、海外メディアDual Shockersが発見した。

 ESRBレーティングは前作『The Last of Us』と同じ17歳以上推奨の「M」だが、新たに「Nudity」が追加され、「Sexual Themes」が「Sexual Content」に変更されている。「Nudity」はその名のとおり裸体の描写への警告だ。「Sexual Content」は性的な行為への非明示的な言及、および部分的なヌード表現を含む。「Sexual Themes」は性や性欲への言及にとどまるのみとなる。

 『The Last of Us』『UNCHARTED』シリーズなど、これまでのNaughty Dogのゲームのレーティングにこういった性的表現は含まれていなかった。『The Last of Us Part II』がそういった表現を持つ初めてのゲームとなる。

 この表現を踏まえると、2018年に公開されたゲームプレイトレイラーでは、恋仲を予感させるエリーとディーナのキスシーンを見ることができる。また、2017年に公開されたトレイラーは賞賛を受ける一方で、非常に強烈な暴力表現による批判も受けている。

 2017年、SIEの社長兼CEOのジム・ライアン氏は海外メディアThe Telegraphのインタビューにて、『The Last of Us』を「大人がプレイする大人向けのゲームである」としていた。

(画像はYoutube「The Last of Us Part II – E3 2018 Gameplay Reveal Trailer | PS4」より)

 まだ少女だった『The Last of Us』のエリーは少し成長し、自立した一人の女性として『The Last of Us Part II』ではメインキャラクターとして暴力に支配された世界を旅することになる。今回のレーティングの上昇は、そんなエリーの成長した姿をしっかりと描くために必要な措置なのだろう。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧