『ファミコン&スーファミ Nintendo Switch Online』に2月19日から『Pop’nツインビー』『ゴッド・スレイヤー』など4タイトルが追加

 任天堂は、Nintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入者が利用できる、『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコンNintendo Switch Online』において、4つの追加タイトルを2月19日(水)より配信することを発表した。

(画像はNintendo トピックスより)

 『ファミリーコンピュータ&スーパーファミコンNintendo Switch Online』は、ファミリーコンピュータやスーパーファミコンのタイトルをいつでも、どこでも遊ぶことができる「Nintendo Switch Online」の加入者特典のひとつだ。

 スーパーファミコン用タイトルでは『ブレス オブ ファイアⅡ 使命の子』(1994、カプコン)と『Pop’nツインビー』(1993、コナミ)のふたつが追加される。

(画像はNintendo トピックスより)
(画像はNintendo トピックスより)

 『ブレス オブ ファイアⅡ 使命の子』は、「共同体」と呼ばれる街を発展させていく要素や、会話相手の感情を色で映し出す「ドラゴンズ・ティア」などのシステムが特徴。また、『Pop’nツインビー』は『ツインビー』シリーズの6作目にして、多くのオリジナル要素を持っており、シューティング初心者にもやさしい作品となっている。

 ファミリーコンピュータ用タイトルで追加される『アトランチスの謎』(1986、サンソフト)と『ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ』(1990、SNK)のふたつだ。

(画像はNintendo トピックスより)
(画像はNintendo トピックスより)

 『アトランチスの謎』は、飛び番で移動することもある100のゾーンを進んでいくアクションゲームだが、独特の挙動を持つジャンプや、足を踏み入れた時点で事実上のゲームオーバーとなるゾーンなど、理不尽な要素が盛り込まれた難易度の高い作品。

 一方の『ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ』は、国内では2019年にXbox One、Steam向けに発売された『SNK 40th Anniversary Collectio』でしか移植が行われていない、2D見下ろし型のアクションRPG。SNKは本作を最後に、ネオジオへ開発が移行するため、歴史や文化の観点から見ても貴重な作品といえる。

 以上のタイトルが追加された際には、ぜひ感想や体験談をSNSにシェアして、懐かしのゲーム達を存分に楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧