幻のプロトタイプ機「Nintendo PlayStation」のオークションが開始。すでに26万ドル突破、Oculus創設者のパルマー・ラッキー氏も入札に参戦へ

 かつてソニーが開発していたスーパーファミコン向け周辺機器であり「PlayStation」のプロトタイプ、いわゆる「Nintendo PlayStation」オークションがついに始まった。オークションは現地時間3月6日までとなっている。

 主催のヘリテージオークションはこの注目の競売のため専用のトレイラーを制作しており、冒頭で「公開オークションとしては初めてNintendo PlayStationが出品された」と伝えた。予想落札価格はヘリテージでも予想がつかないという。なお、出品者であるテリー・ディーボルド氏は、120万ドル(約1億3千万円)で購入するというオファーを断って今回オークションに出品している。

 比較的早くこのオークションの開始を報じたarstechnicaの記事では1万5千ドルの入札があったと記されていたが、記事を執筆している現在すでに26万ドル(約2850万円)の値がついており、さらにその入札額は伸び続けている。

 このオークションに誰が参加しているのかはヘリテージオークションのサイトでは公表されていない。ただし、Oculus社の創立者のひとりであるパルマー・ラッキー氏は、このオークションの入札に参加していることをTwitter上で明かしている。

 氏は「いま自分が最高入札額者。自分と入札し続ける狂った奴はいる?」とツイート。この発言があった時点で入札価格は21万ドルだったが、前述のとおり26万ドルに更新されており、どうやらすでに数千万円規模の入札合戦が繰り広げられているようだ。
 さらに「Nintendo PlayStationはすごいクールだけど、300万ドル(約3億2000万円)の価値があると思っている人は一握りだろうね」と、さらなる入札に応ずることを示唆するコメントも残している。

(画像はヘリテージオークション「Nintendo Play Station Super NES CD-ROM Prototype」より)

 Nintendo PlayStationはかつてソニーが開発を進めていたスーパーファミコン向け周辺機器だ。CDドライブを搭載しているのが大きな特徴で、プロトタイプは全部で200台が生産されたという。見慣れたスーパーファミコンのコントローラーには、「SONY PlayStation」の文字が刻印されている。

 ヘリテージオークションによれば、プロトタイプの多くは破棄されたという。今回出品されたものは、動作確認はスーパーファミコン版『モータルコンバット』で行い、完全に動作が確認されている。CDで遊べるゲームソフト自体は見つかっていないが、CDドライブも修復されており、音楽CDを再生することができる。
 このほか、スーパーファミコンにも搭載されたAV出力、Sビデオ、スーパーファミコンのマルチ出力ポートが搭載。こちらに関しては、「NEXT」とラベルされた正体不明のポートも確認できるという。

 1億3千万円のオファーを断って最終的にオークションに出品されたNintendo PlayStation。かつては噂されるだけの存在だったコンソールだが、現実に一体どれほどの値段がつくのだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧