ガァ、ガァ、ガァ!『Untitled Goose Game』が、ゲーム業界の有力開発者らの選ぶ「DICEアワード 2020」でゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞

 日本時間2月14日(金)の13時、ビデオゲーム業界で権威あるアワードのひとつ「D.I.C.E.アワード 2020」の授賞式がアメリカ・ラスベガスで行われ、『Untitled Goose Game』が大賞の「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 「D.I.C.E.アワード」は、ゲーム業界の有力な開発者らによって構成される非営利団体「AIAS」(The Academy of Interactive Arts & Sciences、双方向芸術と科学のアカデミー)の会員による投票で決定するアワードイベントだ。

 大賞に選ばれた『Untitled Goose Game』は、濠のインディーゲームスタジオHouse Houseが開発し、Panicが販売するアクションパズルゲーム。日本国内では『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜』の名前でPC(Epic Games)、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox Oneで発売されている。

(画像はMy Nintendo Store「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」より)
(画像はMy Nintendo Store「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」より)

 また本作は、インディーゲーム部門および、キャラクター部門でも受賞し、計3部門での受賞となった。なお、全23部門で最も受賞数が多かったのは、ゲームディレクション部門、アクションゲーム・オブ・ザ・イヤー、オリジナル作曲部門、アートディレクション部門の4部門で受賞したRemedy Entertainmentの『Control』であった。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧